コーエーテクモゲームス、新作スマホアプリ3タイトルを発表…『ぐるぐるダンジョン のぶニャが』『信長の野望 201X』『三國志レギオン』

コーエーテクモゲームスは、本日(8月26日)、「ネットワーク事業戦略発表会」を開催し、新作スマートフォンアプリ3タイトルを、今冬以降、順次配信することを明らかにした。

今回発表されたタイトルは以下のとおり。
 

・『ぐるぐるダンジョン のぶニャが』(ダンジョン探索 RPG)


「のぶニャが」シリーズ最新作は RPG! ストーリーモード“のぶニャが公記”はあなたと「織田のぶニャが」がねこ武将の世界を救うため、時を駆け巡る壮大な物語。罠と敵がいっぱいの 3D“ドキドキダンジョン”を駆け抜け、“スロットバトル”で敵を撃破だ! “GPS 機能”でリアル世界とも連動、各地のご当地ねこ武将をゲットだニャ☆




公式サイト

 

・『信長の野望 201X(ニマルイチエックス)』(フォーメーションバトル RPG)


あの「信長の野望」が、スマートフォン向け RPG となって現代日本に甦ります。201X 年。かつて戦国の世に封印された魔物が京都に復活し、全国各地が次々に戦国化。この未曾有の事態に、プレイヤーは戦国武将と協力しながら、世界を在るべき姿に戻すべく奮闘します。




公式サイト

 

・『三國志レギオン』(ソーシャル・シミュレーション RPG)


コーエーテクモゲームスの新たな「三國志」がスマートフォンに登場! プレイヤーは劉備、曹操、孫堅ら三国の英雄と共に、董卓、呂布、袁紹ら群雄と天下覇権を巡る戦いを体験できます。一人で大軍を突き破った趙雲の単騎突進や赤壁を焼き尽くした諸葛亮の火計など、個性溢れる武将の活躍を存分に楽しめます。

公式サイト


なお、「ネットワーク事業戦略発表会」の状況については後ほど報告する。
株式会社コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社コーエーテクモゲームス
設立
1978年7月
代表者
代表取締役会長(CEO) 襟川 陽一/代表取締役社長(COO) 鯉沼 久史
決算期
3月
直近業績
売上高524億4300万円、経常利益363億8300万円、最終利益275億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る