【速報】サイバーエージェント、『グランブルーファンタジー』好調でゲーム事業の4~6月期は過去最高売上 新作は「アイドルマスターの音ゲー」に期待 Amebaは苦戦

サイバーエージェント<4751>は、この日(7月23日)、第3四半期(15年4~6月期)の連結決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催し、ゲーム関連事業は前四半期比で7.4%増の167億円と過去最高の売上高を記録したことを明らかにした。Cygamesの『グランブルーファンタジー』がけん引したことが主な要因だという。

営業利益は同3.8%減の34億円と減益だったが、広告宣伝費を前四半期比で7億円増やしたことによる。「テレビCMに力を入れた『グランブルーファンタジー』がケタ的に抜けてきた。この他のネイティブゲームが継続的に伸び続けている」とコメントした。新しいヒットタイトルとして、ジークレストの提供する『夢王国と眠れる100人の王子様』が加わったことを明らかにした。

 



藤田氏によると、CAグループでは、新規タイトルとして14本開発しており、7~9月には4本リリースする予定しているとのこと。そのなかでも期待しているタイトルとして、「アイドルマスターの音ゲー」をあげた。『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』と思われる。そして「その他のタイトルに関して出してみないとわからない」とコメントした。

また、Ameba事業に関しては、売上高が前四半期比で12.5%減の42億円、営業利益が同51.1%減と減収減益となった。『ガールフレンド(仮)』などブラウザゲームが減収に転じる一方、ネイティブアプリをリリースするなど一種の端境期にある。「苦戦している。いまが耐え時」と述べた。2四半期連続で減収となったが、課金売上高に関しては、5月から6月にかけて持ち直し、7月も下がっていない状況にあるとのこと。横ばいで推移させ、ネイティブアプリのヒットで伸ばしていく考えだ。またタイトルの入れ替えに絡んでブラウザゲームで減損損失を計上したとのこと。

 



決算説明会の詳細については後ほど改めて報じたい。
 
(編集部 木村英彦)
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る