ボルテージ、フジテレビの新ドラマ「オトナ女子」に制作協力 篠原涼子さん演じる中原亜紀の勤務先「Fruitage」のモデルに

10月15日午後10時よりフジテレビ系列でテレビドラマ「オトナ女子」の放送がスタートする。篠原涼子さんや吉瀬美智子さん、鈴木砂羽さん、谷原章介さん、江口洋介さんらが出演することで話題となっている本作だが、篠原さん演じる主人公の「中原亜紀」の勤める会社はなんと恋愛アプリを手がける「Fruitage(フルテージ)」だそうだ。

「この社名、どこかで聞いたことがある」という人もいるかもしれないが、実は、女性向け恋愛ドラマアプリを開発・配信するボルテージ<3639>がモデルとなっているそうだ。公式サイトに掲載されている会社ロゴもどことなくボルテージと似ているではないか。そこで、先日の『花より男子カフェ』発表会の際、横田晃洋社長に取材したところ、ボルテージとして番組制作に協力していると話してくれた。さらに初回は、ドラマ内でボルテージの恋愛ドラマアプリが複数登場するという。

恋愛ドラマアプリの会社を舞台とするドラマは非常に珍しいが、今回、モデルになったということは恋愛ドラマアプリが市民権を得てきた証左でもある。今回のドラマを通じて、ボルテージだけでなく、恋愛ドラマアプリというジャンル全般への認知度もさらに向上しそうだ。興味のある人はぜひ視聴してみてほしい。公式サイト上で見逃し配信もあるので、見逃してしまった場合はそちらを活用するのもいいだろう。

【関連記事】
ボルテージ、『花より男子カフェ』を期間限定でオープン…作品の世界観を表現したコラボメニューが登場 道明寺司に「あごクイ」される写真も撮影できる!【追記】

 
(編集部 木村英彦)

■関連サイト
 

番組公式サイト

株式会社ボルテージ
http://www.voltage.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ボルテージ
設立
1999年9月
代表者
代表取締役社長 津谷 祐司
決算期
6月
直近業績
売上高53億9200万円、営業損益3億6200万円の赤字、経常損益2億9600万円の赤字、最終損益4億1200万円の赤字(2022年6月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3639
企業データを見る