CRI・ミドルウェア、中国ゲーム市場へのCRIWARE本格展開を開始 11月25日上海で開催のゲーム開発フォーラム「FGF」で基調講演

CRI・ミドルウェア<3698>は、2015年11月12日に戦略的提携を発表したShanghai Oriental Pearl Media Co., Ltd.と、中国ゲーム市場に向けたCRIWAREの本格展開を開始すると発表した。

OPMは中国で最も影響力を持つメディアグループの一つである上海メディアグループ(Shanghai Media Group、以下SMG)の中核グループ会社で、中国におけるプレイステーション4およびXbox Oneの唯一のオペレーター。

家庭用ゲーム向けに独自プラットフォームを立ち上げ、パブリッシング、コンテンツのオペレーション、技術サービスまで包括した総合システムを開発・整備しており、中国のゲーム開発者に多大な影響力を持っている。CRIは、中国のゲーム産業を主導するOPMと共に、OPMと公式に提携し強く推薦される企業として、中国のゲーム開発者に向けてCRIWAREを積極的に展開していくという。
 

その第一歩として、2015年11月25日(水)に中国上海で開催されるゲーム開発者向けフォーラム「ファミリーゲームフォーラム(Family Game Forum、以下FGF)」に公式に招待を受け、当社代表取締役社長 押見は基調講演に登壇し、『高品質な家庭用ゲームを効率的に開発する手法』について講演し、そのノウハウや技術、そしてCRIWAREの紹介を行うという。

FGFは、OPM、中国政府文化部(文化省)、上海市文化放送映像テレビ管理局が、中国における家庭用ゲーム産業の推進を目的として開催する、初の大規模フォーラム。中国のゲーム開発者を対象に、ハイエンドゲーム機向けの高品質なソフト開発のための各種技術、IPの創造力強化、ゲームの操作性、クロスプラットフォーム開発など、家庭用ゲーム開発に関するあらゆるテーマでの情報提供や技術紹介が行われる。

基調講演には、文化省や上海市文化放送映像テレビ管理局の政府高官をはじめ、SMGプレジデント Wang Jianjun氏、OPMプレジデントLing Gang氏、また、大手ゲームメーカーの代表として、株式会社スクウェア・エニックス代表取締役社長 松田洋祐氏、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン アジア バイスプレジデント 織田博之氏など、ゲーム産業に関わる様々な方面の著名人が登壇。

同社代表取締役社長 押見氏は、これらのプレゼンターに並び、開発技術を提供する企業を代表して、『高品質な家庭用ゲームを効率的に開発する手法』について講演し、そのノウハウや技術、そしてCRIWAREの紹介を行うという。

OPMは今後、中国ゲーム開発の推進だけでなく、中国を世界最大のエンターテインメント市場へと成長させるために、FGFを継続的に開催していく意向。CRIは、OPMと共に中国ゲーム開発にCRIWAREを浸透させることで、中国のゲーム開発力強化を支援するとともに、優れたタイトルの創出に貢献していくという。

■FGF開催概要
名 称:Family Game Forum(FGF)
開催日時:2015年11月25日(水) 9:00~17:00
会 場:上海国際コンベンションセンター(上海国際会議中心)

■OPMによるFGFのプロモーション
OPMホームページ:http://www.opmedia.cn/fgf
メディア:ToonMax Media、Game FengYun、DragonTV、ICS、CBN、Kankanews、 A JMiD eFM
 

 
株式会社CRI・ミドルウェア
http://www.cri-mw.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社CRI・ミドルウェア
設立
2001年8月
代表者
代表取締役社長 押見 正雄
決算期
9月
直近業績
売上高23億4900万円、営業利益4億5700万円、経常利益4億5700万円、最終利益3億7300万円(2020年9月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3698
企業データを見る