サイバード、女性向けスマホゲーム7タイトルを2016年2月より台湾で配信 日本の作品ならではのときめきはそのままに、現地向けにカルチャライズを実施


サイバードは、台湾の数字銀河有限公司(DIGITAL GALAXY)とライセンス契約を締結し、2016年2月を皮切りに、『イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ』を始めとする、 女性向けスマホゲーム人気7タイトルを台湾で配信することを、本日1月6日に発表した。また、以前より台湾にて配信を行っていた『イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ』、 『新章イケメン大奥◆禁じられた恋』の2つのアプリも大幅にリニューアルし、今回の7タイトルの中にラインナップされる。

女性向けゲームは既に二十数年の歴史を刻んでおり、現在多くの台湾ユーザーがスマホ恋愛ゲームのジャンルに強い関心を示している中、サイバードとDIGITAL GALAXYはこの好機を捉え、台湾の女性向けゲーム市場に、本格的に進出する。

今回新たに台湾にて配信される7タイトルでは、日本語版で展開するオリジナルストーリーとグラフィックはそのままとし、日本の作品ならではのときめきを感じることができる。さらに、台湾ユーザの好みと習慣に合わせ、機能をより強化する。また、台湾現地でのリアルイベントや、ゲーム専用のプラットフォーム展開を予定しており、日本国内と同様の質の高いゲーム体験を提供する。


■《美男宮殿◆月下灰姑娘(繁体字版『イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ』)》公式Facebookページ
 

Facebookページ



 
株式会社サイバード
http://www.cybird.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバード
設立
1998年9月
代表者
代表取締役社長兼CEO 本島 匡
決算期
12月
直近業績
売上高69億200万円、経常利益3億4500万円、最終損益2億8900万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
非上場
企業データを見る