【ゲーム株概況(7/26)】子会社のM&Aを材料にDeNAが買われる 任天堂は小反発 1Qでの大幅経常減益を嫌気してコーエーテクモHDが安い

7月26日の東京株式市場では、日経平均株価は3日続落となり、前日比237.25円安の1万6383.04円で取引を終えた。為替が1ドル=104円台前半まで円高方向に振れたことに加え、これから本格化する4~6月決算発表を見極めたいとの見方も強く、朝方から売り優勢の展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全般的に売り優勢の中で、任天堂<7974>が小反発したほか、その任天堂と協業でのアプリ開発も進めているDeNA<2432>が買われた。ただし、この日は、同社の子会社DeNAトラベルが、シンガポールの航空券販売大手ギャムソインターナショナルツアーズの株式100%を取得し、完全子会社化したと発表(関連記事)したことが好感された部分が大きいようだ。ほか、スクウェア・エニックスHD<9684>やグリー<3632>がプラス圏をキープした。

半面、前週末から前日にかけた大きく買われてきたモバイルファクトリー<3912>は、信用取引への規制がかかったこともあり、一時ストップ安まで売られるなど急落。大手ゲーム株では、前日に2017年3月期の第1四半期決算を発表したコーエーテクモHD<3635>が経常益で58%の減益となったことを嫌気されて売られた。

【関連記事】
コーエーテクモHD、1Qは12%増収、70%営業増益に 主力のエンタテインメント事業が16%増収 『妖怪三国志』や『信長の野望 201X』が貢献


■関連銘柄
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1308億6800万円、営業利益114億6200万円、税引前利益294億1900万円、最終利益305億3200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高727億5900万円、営業利益345億2700万円、経常利益486億9600万円、最終利益353億5900万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3635
企業データを見る