ウィンクル、外出中でもバーチャルホームロボットのキャラとコミュニケーションできるチャットアプリのコンセプトムービーを公開



ウィンクルは、10月7日、好きなキャラクターと一緒に暮らせるバーチャルホームロボット「Gatebox」と連携し、外出中でもキャラクターとコミュニケーションできるチャットアプリ「Gatebox Chat」のコンセプトムービーを公開した。このアプリによって、家で主人の帰りを待つバーチャルキャラクターとのリアルタイムなチャットコミュニケーションが可能になる。

「Gatebox」は、好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボット。最新の映像投影技術と各種センサーを組み合わせることで、キャラクターが主人(ユーザー)の行動を認識し、朝になると主人を起こし、夜に主人が家に帰って来ると優しく出迎える。

さらに、インターネットや家電など様々なモノとつながることで、天気情報を伝えたり、お風呂あがりにテレビをつけたりといった、日常のちょっとしたお手伝いができる。全てのオタクの夢である、画面の向こうのキャラクターとの「次元を超えた共同生活」を実現する画期的なロボットだという。


コンセプトムービー


 
■関連サイト
 

公式サイト