日本一ソフト、第2四半期は営業益288%増の3億3500万円と大幅増益、計画を大幅超過…『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』などパッケージソフトの販売好調で

日本一ソフトウェア<3851>は、11月11日、第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表し、売上高19億9100万円(前年同期比35.7%増)、営業利益3億3500万円(同288.1%増)、経常利益3億0700万円(同340.4%増)、最終利益1億2900万円(前年同期1900万円の赤字)だった。従来予想を大きく上回る着地だった。売上高で13.2%増、営業利益が170.9%増、経常利益が148.2%増、最終利益が40.4%増だった。
 




同社では、パッケージソフトの販売が好調に推移したことが主な要因だった。パッケージソフトについて、国内向けには『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』、『真 流行り神2』、『世界一長い5分間』など5タイトルを発売し、海外でも6タイトルを発売した。また、パッケージソフトのダウンロード販売やダウンロードコンテンツ、カスタムテーマも堅調に伸びたほか、ライセンス事業でのロイヤリティ収入も伸びた。


 
■2017年3月期の見通し

続く2017年3月通期は、売上高31億円(前期比15.9%減)、営業利益1億7900万円(同57.9%減)、経常利益1億8000万円(同54.2%減)、最終利益1億3100万円(同39.9%減)を見込む。従来予想の据え置きとなる。
 


下期に失速する見通しというわけではなく、第3四半期に発売する『プリンセスは金の亡者』と『魔女と百騎兵2』が業績に与える影響が大きいため、その販売状況を見極めた上で判断したい、ということのようである。
株式会社日本一ソフトウェア
https://nippon1.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社日本一ソフトウェア
設立
1993年7月
代表者
代表取締役会長兼社長 北角 浩一
決算期
3月
直近業績
売上高57億1600万円、営業利益15億6600万円、経常利益16億8800万円、最終利益12億7300万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3851
企業データを見る