【G-STAR 2016】モバイルで遊ぶMMORPG『Tree of Savior: Mobile Remake』…世界観から操作感までPCの王道スタイルを最適化して再現

 
2016年11月17日(木)~20日(日)の期間、韓国釜山広域市のBEXCO において開催された、韓国最大のゲームショウ「G-STAR2016」。本稿では、人気PCオンラインMMORPG『Tree of Savior』の世界観を踏襲した、モバイル向けMMORPG『Tree of Savior: Mobile Remake』のプレイアブルレポートをお届けしていく。
 

■PCで人気のMMORPGをモバイル向けに最適化

 
『Tree of Savior: Mobile Remake』は、PCオンライン版にて好評を博した美しいグラフィックとサウンドをモバイル向けに最適化。シンプルな操作性と直感的なUIにより、育成システムをより分かりやすく表現している。さらに、モバイル環境に適したコミュニティ機能の拡充など、さまざまなリメイクを通じて、既存のPCオンラインプレイヤー・新規プレイヤーの両者が楽しめるよう設計されている。
 

 

■『Tree of Savior: Mobile Remake』を実際にプレイ

 
プレイアブルでは、まず始めに自身のアバターを作成。髪型や性別をカスタマイズできるほか、ジョブを剣士・アーチャーから選択できた。
 

▲今回のプレイアブルでは剣士を選んでプレイ。
 
そこから、街の人々の依頼を受け、アイテム収集やモンスター討伐に精を出すのは従来のMMORPG通り。操作がスマホ向けに最適化されているため、タップによる直感的な移動や、オートバトル機能が搭載されており、サクサクと進めることができた。
 


▲依頼を達成すると、シナリオが進行し報酬がもらえる。
 


▲スキルボタンをタップすることで強力な技を発動できる。
 
サイクルとしては、依頼を受けるうえで目的となるモンスターを倒しつつ素材を集め、より強力な武器を作成し、また次の依頼へ……という循環が基本となりそうだ。キャラの育成が進めばスキルを習得できるため、戦闘でより幅広い活躍が可能となる。
 

▲モンスターがドロップするアイテムを集めることで武具の作成が可能。
 

▲スキルは、レベルによって解放されているものの中からSPを消費して習得できる。
 
また、今回のプレイでは自分ひとりで依頼をこなしていく部分しか遊んでいないが、それでも、フィールド上にいるモンスターや他プレイヤーの賑やかな雰囲気は、PCで見るMMORPGそのもの。また、スマホでも違和感なく操作に馴染めたのが印象的だった。さらに大きなパーティ規模での戦闘などを楽しめたとき、より本作の魅力が引き出されるのではないだろうかという予感を覚えたので、今後のグローバル展開にも是非、注目していきたい。
 
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2744億6200万円、営業利益915億4100万円、最終利益1148億8800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る