コーエーテクモ、東映アニメとのコラボタイトル『拡張少女系トライナリー』を4月12日にリリース



コーエーテクモゲームスは、4月12日より、東映アニメーション<4816>とのコラボタイトル『拡張少女系トライナリー』をリリースした。配信開始を記念してプロモーションビデオ第2弾を公開した

本作は、「コーエーテクモゲームス ガストブランド」と「東映アニメーション」とのコラボレーションによる、スマートフォン向けの完全新作オリジナルタイトル。アニメとゲームに登場するのは、どちらも「画面の向こうに実在する少女たち」。アニメでは謎の存在「フェノメノン」に立ち向かう特殊部隊「トライナリー」として戦う少女たちのオモテの姿が描かれる一方、ゲームアプリでは、彼女たちの個性豊かなウラの姿、すなわち日常に介入し、アニメでは描ききれない普段の姿や心の内を知り、励まし、癒し、深く交流することができる。

 



ゲーム要素紹介
「拡張少女系トライナリー」はアプリとアニメが融合した少女のオモテウラ恋愛 RPG 。アプリ内では、毎週水曜日に 1 話配信されるショートアニメを視聴することができる。総尺 180 分以上の長編アニメ、ゲームでの美しいグラフィックで少女たちの活躍が楽しめる。アプリのアップデートでは配信されるアニメの話数に関連したシナリオやバトル、日常生活を彩るかわいらしい普段着やセクシーな衣装などを解禁。

基本サイクルはエピソードごとにバトルとシナリオの連続で構成される。バトルをクリアするとシナリオが解禁され、シナリオを見終わると次のバトルへと進む。一つのエピソードをクリアすることで次のエピソードが解禁される。
 
※動画配信プラットフォーム提供は、株式会社バンダイナムコライツマーケティングが担当。


○イベント
トライナリーの少女たちの日常生活を描くパート。アニメの進行に沿った形で、アニメでは描かれないシーンを補完する日常イベントは、キャラクターの魅力を引き立てるだけでなく世界観に厚みを持たせている。「ヒメゴトチャット」ではプレイヤーが少女たちとのチャットを通じたコミュニケーションで深い交流を図ることができる。親密度が高くなれば、プレイヤーだけにしか見せない姿も…。
 

 
○バトル
戦闘はヒロインの精神世界が主な舞台となります。プレイヤーは精神世界へと潜り込んでいき、彼女たちが内に抱える悩みや不安を解消することが目標となる。バトルでは、悩みや不安のもととなっている「クラン」という存在に対して、味方となったクランを用いて戦う。クランを倒すことで、彼女たちの心の問題を解消することができる。
 


アニメ、イベント、バトルを通して少女たちのオモテとウラを知り、励まし、癒すことにより、彼女たちと真の絆を結ぶことが本作の目標となる。



 
■関連サイト
 

Google Play

App Store





©コーエーテクモゲームス・東映アニメーション
株式会社コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社コーエーテクモゲームス
設立
1978年7月
代表者
代表取締役会長(CEO) 襟川 陽一/代表取締役社長(COO) 鯉沼 久史
決算期
3月
直近業績
売上高524億4300万円、経常利益363億8300万円、最終利益275億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高515億9500万円、営業利益155億300万円、経常利益160億4000万円、最終利益110億6700万円(2021年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4816
企業データを見る