​アクセルマーク、開発中のブロックチェーンゲーム第一弾のタイトルを『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』に決定!


アクセルマーク<3624>は、本日(6月14日)、開発中のブロックチェーンゲーム第一弾のタイトルを『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』(略称『CSCG』)に決定したことを発表した。

本作は、分散型アプリケーションやスマートコントラクトを構築するプラットフォームであるEthereumで動作するトレーディングカードゲーム。プレイヤーはオンライン空間上で自由にカード(サーヴァント)を取引することが可能で、ブロックチェーンが不正を監視する。マーケットプレイス以外のバトルや強化などのゲーム部分をオフチェーン化したユーザーフレンドリーな設計となっている。



同社は、これまで培ったゲーム開発・企画・運営の知見を活かし、今後大きな成長が期待される仮想通貨およびブロックチェーン技術を活用した分散型アプリケーション(DApp)によるオンラインエンターテインメント事業への参入を発表しており、第一弾となる本タイトルを含め、複数のブロックチェーンゲームをリリースする予定だ。


■『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』
 

公式Twitter



 
アクセルマーク株式会社
http://www.axelmark.co.jp/

会社情報

会社名
アクセルマーク株式会社
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 松川 裕史
決算期
9月
直近業績
売上高27億8400万円、営業損益6億5200万円の赤字、経常損益6億2300万円の赤字、最終損益8億2500万円の赤字(2020年9月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3624
企業データを見る