バンダイ、「カードバトル特化型AI」を搭載するAI×デジタルカードバトル『ZENONZARD<ゼノンザード>』を発表! AIはHEROZの「HEROZ Kishin」を採用


バンダイは、新ブランド『AI CARDDASS(エーアイカードダス)』の第一弾タイトルとして、「カードバトル特化型AI」を搭載するAI×デジタルカードバトル『ZENONZARD<ゼノンザード>』の公式サイトと世界観ティザー映像を公開した。サービス開始は2019年の予定。

本作は、「AIと共に、AIと闘う」をコンセプトにバンダイがリリースするデジタルカードゲーム。AIとの対戦では深層学習(ディープラーニング)などの機械学習によりAIが日々進化していくことで、これまでにはない白熱したバトルを繰り広げられるようになるとともに、プレイヤーとの対戦を通じてそのプレイング内容や思考、癖などによって、AIが個性を持って成長する。

今までのカードゲームのように、パターン化されたCPUや人との対戦だけではなく、プレイを通じての「AI育成」という要素や、「人間とAIの対戦」「人間とAIの共闘」という新たな面白さを加える。またAIが、プレイヤーのデッキを構築するためにアドバイスをしたり、対戦結果を振り返り、プレイの分析をする機能の搭載なども予定している。

なお、本作のAIには、HEROZ<4382>の独自のAI「HEROZ Kishin」が採用されている。

▼『ZENONZARD<ゼノンザード>』世界観ティザー映像(Short ver.)
 


■『ZENONZARD<ゼノンザード>』

 

公式サイト

公式Twitter



ⓒBANDAI
株式会社バンダイ
http://www.bandai.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイ
設立
1950年7月
代表者
川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高1449億円、営業利益107億円、経常利益105億円、最終利益63億円(2018年3月期)
上場区分
未上場
企業データを見る
HEROZ株式会社
http://heroz.co.jp/

会社情報

会社名
HEROZ株式会社
設立
2009年4月
代表者
林 隆弘、高橋 知裕
決算期
4月
直近業績
売上高11億5500万円、営業利益3億5400万円、経常利益3億3800万円、最終利益2億4700万円(2018年4月期)
上場区分
東証マザーズ
企業データを見る