バンナム、『機動戦士ガンダム即応戦線』を2019年1月10日をもって終了 配信開始から約11ヶ月で


バンダイナムコエンターテインメントは、2019年1月10日をもって『機動戦士ガンダム即応戦線』のサービスを終了すると発表した。

同タイトルは2018年2月7日にサービスを開始、「機動戦士ガンダム」の1年戦争にスポットを当てた、対戦型リアルタイムガンダムバトルゲームとなる。プレイヤーは、「連邦軍」もしくは「ジオン軍」の指揮官となり、世界中のプレイヤーとオンラインで戦うという内容で、事前登録者数は20万件を達成し、8月には大型アップデートを行っていた。なおサービスを終了する理由については明らかにしていない。

今後のスケジュールは、11月30日に有償アプリ専用通貨「キャピタル」の販売終了を行い、2019年1月10日にサービスを終了する。購入済みの有償アプリ専用通貨「キャピタル」は、サービス終了まで利用できるという。


■『機動戦士ガンダム 即応戦線』
 

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google play


©創通・サンライズ 
 
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
http://bandainam.co/1mZsovM

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る