バンダイ、『アイカツフレンズ!』を3月より中国・台湾を始めとするアジア地域で展開!



バンダイは、1月28日、デジタルキッズカードゲーム『データカードダス アイカツフレンズ!』について2019年3月より中国・台湾をはじめとするアジア地域で展開すると発表した。

『アイカツ!』とは、ドレスやアクセサリーが描かれた 4 種の「アイカツ!カード」をゲームマシンにスキャンし、アニメに登場するアイドルや、自分だけのオリジナルキャラクター「マイキャラ」をドレスアップし、オーディション合格を目指して遊ぶリズムゲーム。憧れのアイドル活動をゲーム上で疑似体験できる点が好評を博し、展開から1年でユーザー数が100万人(※IC カード登録者数)を突破した。

その他にも、アニメ・商品・雑誌での展開に加え、アパレルショップの運営・ライブ公演・映画化など、大規模なクロスメディア展開を行い、女子小学生の流行や憧れを具現化する“女児の夢を叶える IP”として展開を続けている。

 

公式サイト




©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO ©BANDAI
株式会社バンダイ
http://www.bandai.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイ
設立
1950年7月
代表者
代表取締役社長 竹中 一博
決算期
3月
直近業績
売上高1310億1700万円、営業利益112億6300万円、経常利益122億9900万円、最終利益88億5400万円(2022年3月期)
企業データを見る