ミクシィ子会社のラーテル、8億5600万円の最終赤字…ゲーミングスマホの噂も通信関連事業から撤退

ミクシィ<2121>子会社のラーテルは、2019年3月期は8億5600万円の最終赤字を計上した。本日(8月9日)付の官報に掲載された「第2期決算公告」で判明した。前の期(2018年3月期)は、3億8200万円の赤字だった。

同社の2019年3月期の有価証券報告書のMD&A(経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)の記載によると、通信関連事業を行なっていたとのことだが、事業撤退したとのことだった。これに伴い、事業撤退損を計上したとのこと。一時ゲーミングスマホでも話題になったが、製品化には至らなかったようだ。
 

株式会社ラーテルが通信関連事業から撤退したことに伴い、事業撤退損を認識したことによる特別損失の計上によ り、親会社株主に帰属する当期純利益は26,521百万円(前連結会計年度比36.5%減)となりました。

 
株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1193億1900万円、営業利益229億2800万円、経常利益230億1900万円、最終利益156億9200万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2121
企業データを見る