ポケモンとDeNA、『ポケモンマスターズ』の第2回プロデューサーレターを掲載…来年3月までのアップデートスケジュールを発表



ポケモンと、ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、『ポケモンマスターズ』公式サイト上で、「第2回プロデューサーレター」を公開し、今後のアップデートのスケジュールを公開した。

前回のレターでは以下の4つの課題に対応していくと宣言していた。

①コンテンツが少ない(やることがない)
②ゲームを遊ぶことで得られる報酬が魅力的でない
③Lv.に応じたコンテンツ間のレベル設計が悪い
④ゲームの遊び方が分かりにくい、操作性が悪い


来年3月まで以下のスケジュールを立てているという。

2019年11月:既存システムの中での報酬追加や、報酬量の調整
2019年12月:レベルデザイン(ゲームバランス)の調整や、バディーズを仲間にできるイベントの実装、マルチのプレイテンポ改善、バディーズの鑑賞機能実装
2020年1月:育成システムの拡充、育成イベントリニューアル
2020年2月:1人で遊べる新たなコンテンツの提供
2020年3月:ハーフアニバーサリー、エピソードイベントリニューアル


また、報酬内容の見直しについても行う。

1.でんき育成イベント以降、育成イベントのどうぐ交換報酬を増やす。
2.11月から月間の無償ダイヤの配布量の見直しを行う。
3.エピソードイベントの交換所に追加報酬を用意する。
4.修練、大修練のクリア時の報酬を調整する。


なお、12月のアップデートでは、特に以下のようなゲームのパフォーマンスの大幅な改修を行う想定でいるそうだ。

・端末が熱くなってしまうことの改善
・マルチのテンポ感の改善
・電力の消費速度の改善
・ローディング速度の改善

なお、次回のプロデューサーレターは11月7日に掲載する予定。

 

第2回プロデューサーレター



 
■関連サイト
 

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google Play



© 2019 DeNA Co., Ltd. © 2019 Pokémon. © 1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標。
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1308億6800万円、営業利益114億6200万円、税引前利益294億1900万円、最終利益305億3200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る
株式会社ポケモン
https://corporate.pokemon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ポケモン
設立
1998年4月
代表者
代表取締役社長 石原 恒和/代表取締役 宇都宮 崇人
企業データを見る