2019年3Qの国内売上は『モンスト』が約299億円でトップ、『FGO』が2位に続く 『DQウォーク』が早くもランクインなど【Sensor Tower調査】

米国の調査会社Sensor Towerは、2019年第3四半期(7月〜9月)の日本国内のアプリ売上げランキングを公開した。

第3四半期の売上総合ランキング(App StoreとGoogle Play)でトップに立ったのは、ミクシィ<2121>の『モンスターストライク』で2億7600万ドル(約299億円)のユーザー支出があったようだ。2位になったのは、FGO PROJECTの『Fate/Grand Order』の2億6500万ドル(約287億円)で、この額は前年同期比で2%増になるという。

続いて3位にガンホー<3765>の『パズル&ドラゴンズ』、NetEaseの『荒野行動』が4位、5位にNianticとポケモンの『ポケモンGO』という順位になった。またLINE<3938>の『LINE Manga』が7位に入っており、ランクインしたアプリのほとんどをゲームが占める中、唯一それ以外のジャンルで大きな収益を上げるアプリとして結果を残した。
 

出展:Sensor Towerより

なお、App Storeのランキングを見ると、スクウェア・エニックスとコロプラ<3668>の『ドラゴンクエストウォーク』が9位にランクインしている。同タイトルは、9月12日に配信開始しており、今回の集計ではリリース後1ヶ月も経たないうちにTOP10入りをはたしたことになる。同タイトルがどこまで順位を伸ばすことになるか、第四半期では大きな注目を集めるだろう。
 
株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1180億9900万円、営業利益160億6900万円、経常利益170億2600万円、最終利益102億6200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2121
企業データを見る
株式会社スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高2511億6800万円、営業利益556億6800万円、経常利益587億9600万円、最終利益413億9600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役会長 チーフクリエイター 馬場 功淳/代表取締役社長 宮本 貴志
決算期
9月
直近業績
売上高371億2500万円、営業利益63億2000万円、経常利益78億4300万円、最終利益30億4700万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3668
企業データを見る
株式会社ポケモン
https://corporate.pokemon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ポケモン
設立
1998年4月
代表者
代表取締役社長 石原 恒和/代表取締役 宇都宮 崇人
企業データを見る
FGO PROJECT

会社情報

会社名
FGO PROJECT
企業データを見る
Niantic

会社情報

会社名
Niantic
企業データを見る
NetEase Games

会社情報

会社名
NetEase Games
企業データを見る