バンナム、インディーゲームパブリッシング事業やクリエイターマネジメント事業を行うPhoenixxと資本業務提携 電通グループとも協業

バンダイナムコエンターテインメントは、本日(6月25日)、インディーゲームパブリッシング事業やクリエイターマネジメント事業を行うPhoenixxと資本業務提携契約を締結したことを発表した。

■電通グループとともにインディーゲームクリエーターを応援
Phoenixxは、「Creators-Centric」という理念のもと、インディーゲームクリエイターの発掘、育成から、クリエイターがグローバルに活躍できるための制作面やPR面など幅広いサポートを通じて、インディーゲームパブリッシング事業を展開している。

バンダイナムコエンターテインメンは、この理念に共感し、本提携を通じて Phoenixxとともに有望なインディーゲームクリエイターやコンテンツの発掘、育成や海外展開などのサポートを行い、将来的には同社の保有するIPを中心にクリエイターとともに新たなゲーム開発も目指していきたいと考えていという。

今回の資本業務提携にあたっては、電通グループ<4324>とも協業し、両者の力・知見を合わせて、インディーゲームクリエイターを応援していくとしている。

<株式会社Phoenixx概要>
会社名:株式会社Phoenixx(読み:フィーニックス)
所在地:東京都千代田区二番町9-3 THE BASE 麹町
代表者:代表取締役 坂本 和則
設立:2019年10月25日
事業内容:ゲーム、関連グッズ等の企画・制作・プロモーション事業、アーティスト、ゲームクリエイターのマネジメント事業
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
http://bandainam.co/1mZsovM

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
大下 聡
決算期
3月
直近業績
売上高2570億円、営業利益285億円、経常利益291億円、最終利益227億円(2018年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る