モノリスソフト、20年3月期の決算は最終利益78.8%増の4.91億円…『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』を開発

モノリスソフトの2020年3月期(第21期)の最終利益は、前の期に比べて78.8%増の4億9100万円だったことがわかった。前の期(2019年3月期)の実績は1億38000万円だった。

同社は、任天堂のゲーム開発子会社で、ゼノサーガシリーズやバテン・カイトスシリーズなどが代表作となっている。

この期は、『あつまれ どうぶつの森』(部分受託)や『Xenoblade Definitive Edition(ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション)』の開発を行ったようだ。

 
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7974
企業データを見る