DeNA、ディベロッパー向けクラウドインフラサービスの提供開始

 ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、「モバゲータウン」あるいは「Yahoo!モバゲー」でアプリを配信しているデベロッパーに向けて、IDCフロンティアと、GMOインターネットによるクラウドインフラサービスの提供を開始すると発表しました。  今回提供を開始するクラウドインフラサービスは、IDCフロンティアによる「モバゲークラウド IDCフロンティアプラン」と、GMOインターネットによる「モバゲークラウド GMOプラン」です。  いずれも高品位で非常に安価であることが最大の特徴で、ネットワークの高信頼性、十分な帯域の確保、高性能なサーバへの柔軟かつ迅速な対応を実現しつつ、デベロッパーはコストの大幅な削減が可能だそうです。  さらに、利用開始時に、一部の利用料が無料になるなど、デベロッパーにとって負担が大きいインフラ費用の軽減と安定したゲームの配信環境を得ることが期待できるとのことです。  DeNAでは、今後もパートナーデベロッパーの成功を支援することで、「モバゲータウン」と「Yahoo!モバゲー」のオープン化の流れを加速させ、No.1ソーシャルゲームプラットフォームを目指す、としています。   関連リンク ・モバゲークラウド IDCフロンティアプランモバゲークラウド GMOプラン
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1308億6800万円、営業利益114億6200万円、税引前利益294億1900万円、最終利益305億3200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る