コーエーテクモがライセンス供与の『三国志·战略版』、中国AppStore売上ランキングで11〜12日かけて首位を獲得! 『PUBG』や『原神』に競り勝つ



11月11日の中国App Store売上ランキング(総合)で、アリババゲームスが開発・運営を行う『三国志·战略版』が首位を獲得、本日(11月13日)も2位につけるなど好調を維持している。


▲11月11日12時から11月12日20時まで首位に。

出所:AppAnnie

本作は、コーエーテクモゲームスがライセンス供与を行っており、『三國志 13』をベースに開発したタイトルとなる。三国志の本場である中国で多くの支持を集めているようだ。

10月26日に開催した決算説明会においても、IP許諾を行っている『三国志・戦略版』のロイヤリティ収入が引き続き好調に推移したと発表しており、今後の期待もより一層高まったと言えるだろう。


【関連記事】
コーエーテクモの9月中間のスマホゲーム売上高、90%増の88億円 『三国志・戦略版』と『三國志 覇道』が寄与 大型の新作も続々リリース予定 
 
©KOEI TECMO GAMES CO., LTD. All rights reserved.
© Alibaba Culture Media Co., Ltd.
© Shanghai TCI Network Technology Co.,Ltd
 
株式会社コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社コーエーテクモゲームス
設立
1978年7月
代表者
代表取締役会長(CEO) 襟川 陽一/代表取締役社長(COO) 鯉沼 久史
決算期
3月
直近業績
売上高524億4300万円、経常利益363億8300万円、最終利益275億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る