LINE系企業の決算…LINE MUSIC最終赤字17億円、LINEマンガ運営29億円の最終赤字、LINEチケット3.9億円の赤字、LINE Fukuoka最終47%増と好調

LINEのグループ企業の決算がこの日(4月16日)付の官報に掲載された決算公告で明らかになった。定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」を手がけるLINE MUSICの2020年12月期の決算は、売上高が36%増の151億4900万円と大きく伸びたものの、売上高151億4900万円(前の期比35.9%増)、営業損失17億8100万円(前の期は19億1800万円の損失計上)、経常損失17億8600万円(前の期は19億1300万円の損失計上)、最終損失17億8700万円(前の期は19億1400万円の損失計上)と引き続き損失計上となった。


・売上高:151億4900万円(前の期比35.9%増)
・営業損失:17億8100万円(前の期は19億1800万円の損失計上)
・経常損失:17億8600万円(前の期は19億1300万円の損失計上)
・最終損失:17億8700万円(前の期は19億1400万円の損失計上)
 



LINE Digital Frontierの最終損失が29億6200万円と、前の期の16億0900万円の利益計上から一転して赤字となった。電子コミックサービス「LINEマンガ」のサービス展開を行っている。マンガ配信サービスでは業界トップクラスのセールスを誇っている。
 



LINE Fukuokaは、福岡市を拠点として、LINEと関連サービスの開発・クリエイティブ・運営・企画などを手がけている子会社。最終利益は前の期比47.4%増の9億7300万円と前の期に続いて大きく伸びた(前の期の実績は6億6000万円)。
 



LINE TICKETは、「LINE」プラットフォームを活用した電子チケットサービス「LINEチケット」を展開する会社として2017年9月に設立された会社で、3億9600万円の最終損失となった。前の期の実績は4億8000万円の最終損失だったが、赤字幅が縮小した。
 



LINEのキャラクターグッズを販売するLINE Friends Japanの最終損失は1億円だった。前の期は9600万円と黒字転換に成功したものの、再び赤字となった。
 



その他の企業は以下の通り。
 

LINE株式会社
http://linecorp.com/

会社情報

会社名
LINE株式会社
設立
2019年12月
代表者
代表取締役社長 出澤 剛/代表取締役 慎 ジュンホ
企業データを見る
LINE Fukuoka

会社情報

会社名
LINE Fukuoka
企業データを見る
LINE MUSIC株式会社

会社情報

会社名
LINE MUSIC株式会社
企業データを見る
LINE TICKET株式会社

会社情報

会社名
LINE TICKET株式会社
企業データを見る
LINE Digital Frontier

会社情報

会社名
LINE Digital Frontier
企業データを見る