タカラトミー、『デュエル・マスターズ プレイス』第9弾パック「武者聖戦伝」のティザームービーを公開!


タカラトミー<7867>は、『DUEL MASTERS PLAY'S(デュエル・マスターズ プレイス)』の第9弾パック「武者聖戦伝(むしゃせいせんでん)」の配信を決定、本日(5月10日)18時にティザームービーを公開した。



武者聖戦伝のテーマ
まんが 「デュエル・マスターズ FE」で主人公の切札勝舞の切札として活躍した《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を中心に、人気の高いカードやTCGで実績を残したカードを収録。中でも目玉カードの 1 つである《ボルメテウス・武者・ドラゴン》は、多数のサポートカードと共に登場。「武者聖戦伝」のカードを中心に、強力な《武者》デッキを構築することができる。

◆ストーリー
世界を平和にしようとしたにも関わらず、逆に傷付けられたゴッド達の動揺は凄まじかった。対する闇は、遂に秘術を完成させ、バロムの復活に成功。時空を越えて、《悪魔神バロム・エンペラー》が誕生する。しかし、闇の攻撃に振り回されるほど、神は温厚ではなかった。善悪を超越する強大な神《ゼンアク》が誕生。この神の前では、すべてが無と化す。そんな中、ボルシャック渓谷で生まれしドラゴン《武者》は、戦いの激化を危惧していた。戦禍に呑まれつつある世界を護るべく、《武者》は仲間たちと共に立ち上がる。

新能力【 O(オーバー)・ドライブ】
指定の文明が解放されている時、追加のマナを支払うことで更なる能力を発動できるカードが登場。1枚のカードが状況に応じて複数の使い方ができるようになることで、デッキ構築や戦略の幅が広がり、より奥深いデュエルを楽しむことができる。

注目クリーチャー
◆《ボルメテウス・武者・ドラゴン》
TCGでかつて展開した“極神編”の顔であり、“戦国編”の新種族「サムライ」の先駆けとなる、勝舞の切札ドラゴン。デュエプレでは《ボルメテウス・武者・ドラゴン》自身に強化が施され、更に様々なサポートカードのバックアップを獲得。新たなビートダウンデッキの核として、満を持して登場。

◆《悪魔神バロム・エンペラー》
時空を超えて復活した《悪魔神バロム》の新たなる姿。バロムの名を体現する全体破壊能力はそのままに、さらに召喚しやすくなって登場。バロムデッキの新切札として活躍なるか。

◆《超絶究極神ゼンアク》
《竜極神ゲキメツ》にも匹敵する、新たな大型ゴッドが登場。TCGでも大活躍した自身の破壊耐性能力に加え、相手の攻撃に対する防御能力が向上。《超絶究極神ゼンアク》1体で、より堅牢に守りを固める事が可能に。


 
■『DUEL MASTERS PLAY'S(デュエル・マスターズ プレイス)』
 

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google Play

AndApp


©2019 Wizards of the Coast/Shogakukan/Mitsui-Kids © TOMY ©DeNA
株式会社タカラトミー
http://www.takaratomy.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社タカラトミー
設立
1953年1月
代表者
富山幹太郎/ハロルド・ジョージ・メイ
決算期
3月
直近業績
売上高1499億円、営業利益24億円、経常利益20億円、最終損益18億円の赤字(2015年3月期)
上場区分
東証1部
証券コード
7867
企業データを見る