サンリオエンターテイメント、21年3月期の決算は最終損失25億円…「サンリオピューロランド」と「ハーモニーランド」が入園者大幅減

サンリオ<8136>子会社のサンリオエンターテイメントの2021年3月期(第12期)の決算は、最終損失が25億1400万円と赤字幅が拡大した。前の期(2020年3月期)の実績は、最終損失5800万円だった。6月28日付の『官報』に掲載した「決算公告」で判明した。

同社は、テーマパーク「サンリオピューロランド」と「ハーモニーランド」を運営している。サンリオの決算報告によると、大幅な入園者数減により、厳しい状況が続いたとのこと。ECやオンライン事業を新規で立ち上げる等の取り組みにも力を入れたという。

 
株式会社サンリオ
https://www.sanrio.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サンリオ
設立
1960年8月
代表者
代表取締役会長 辻 信太郎/代表取締役社長 辻 朋邦
決算期
3月
直近業績
売上高410億5300万円、営業損益32億8000万円の赤字、経常損益17億3100万円の赤字、最終損益39億6000万円の赤字(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
8136
企業データを見る