【ゲーム株概況(6/30)】コーテクHDと東映アニメが高値更新 9月配信の新作期待でenishも買われる 英語版『Mitrasphere』配信のBOIも動意づく

6月30日の東京株式市場では、日経平均は小幅ながら3日続落となり、前日比21.08円安の2万8791.53円で取引を終えた。朝方は買いが先行したものの、6月の中国PMI(購買担当者景気指数)が5月を下回ったこともあり、一巡後は値を消す展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、コーエーテクモHD<3635>が反発して年初来高値を更新したほか、enish<3667>やcoly<4175>などが買われた。enishは、9月配信予定の「彼女、お借りします」初のゲームアプリ『彼女、お借りしますヒロインオールスターズ』への期待が引き続き評価につながっているようだ。

また、東映アニメ<4816>も年初来高値を更新した。

この日の前場寄り付き前に『ミトラスフィア-MITRASPHERE-』の英語版『Mitrasphere』の配信が開始となったことを発表したバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>は、寄り付き直後に2927円まで買われる場面があったものの、一巡後はやや上げ幅を縮小した。

半面、ブシロード<7803>やケイブ<3760>、gumi<3903>などがさえず、大手ゲーム株ではコナミHD<9766>が3日続落した。

出資先の米トリラーの上場観測報道で直近動意づいていたDLE<3686>は、この日は続落した。


■関連銘柄
株式会社enish
http://www.enish.jp/

会社情報

会社名
株式会社enish
設立
2009年2月
代表者
代表取締役社長 安徳 孝平
決算期
12月
直近業績
売上高40億7300万円、営業損益5億9600万円の赤字、経常損益6億4100万円の赤字、最終損益10億4400万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3667
企業データを見る
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
http://www.boi.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
設立
2006年1月
代表者
代表取締役社長 樋口 智裕
決算期
9月
直近業績
売上高30億6100万円、営業損益6000万円の赤字、経常損益7000万円の赤字、最終損益7400万円の赤字(2020年9月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
4393
企業データを見る