CryptoGames、NFTの事業会社4社から資金調達 山浦雄太氏がCTO、満足亮氏が技術顧問に就任 NFT・ブロックチェーンの事業拡大と市場拡大への貢献目指す



CryptoGamesは、NFT事業を手がける4社を引受先とする第三者割当増資により、資金調達を実施したことを発表した。調達先や調達金額については明かしていないが、NFT・ブロックチェーン事業において各社とシナジーを創出し、さらなる事業拡大と市場拡大に貢献したい、としている。同時に経営体制を強化するため、山浦雄太氏がCTO(Chief Technology Officer、最高技術責任者)、満足亮氏が技術顧問に就任したことも明らかにした。

CryptoGamesは、2018年4月設立以降、NFTを活用したブロックチェーン×エンタメ領域の事業に取り組んできた。2019年6月にリリースをした自社IPのブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」では、初月売上が900ETHを突破し、2020年6月には初のテレビCMも行った。2021年3月には無料で簡単にNFTが発行できる「NFTStudio」をリリースし、登録クリエイター数が1000名を突破し国内最大のNFTマーケットとなった。また、3年間のNFT事業の知見を生かし、事業者向けのNFTショップのOEM事業に取り組むなど、様々なNFTの活用事例の創出に向け取り組んでいる


■山浦雄太氏プロフィール
IT系受託会社で、数々の金融系システム構築案件に参画。新人研修統括などを歴任。クリプトスペルズのヘビーユーザーを経て、2019年6月よりCryptoGamesに参画。ブロックチェーン技術を使ったアプリケーションや、インフラ、サーバーサイド全般を担当。


■満足亮氏 プロフィール
ソーシャルゲーム会社、EdTechアプリ会社でインフラ、SRE領域を統括。2018年6月double jump.tokyoへ入社。2020年7月より同社CTO。インフラ設計運用、サーバーサイド開発、SmartContract開発、ブロックチェーン技術調査を担当。
CryptoGames

会社情報

会社名
CryptoGames
企業データを見る