【ゲーム株概況(8/3)】中国でのゲーム規制への懸念でネクソンとコーエーテクモHDが急落 好決算&自社株買い発表のイー・ガーディアンは急反発

  • 8月3日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比139.19円安の2万7641.83円で取引を終えた。新型コロナウイルスのデルタ型の世界的な感染拡大が市場心理に影を落とし、朝方から売り物が先行した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、今週5日に第2四半期決算の発表を控えた東京通信<7359>が高く、月次業績の好調が続き好決算発表が期待されるフリュー<6238>も買われた。

    周辺株では、第3四半期決算が2ケタ超の増収増益となったことに加え、発行済み株式数の1.0%に当たる10万株、3.5億円を上限とする自社株買いも発表したイー・ガーディアン<6050>が商いを伴って急反発し、終値ベースで3000円台を回復した。

    ほか、サイバーエージェント<4751>やKLab<3656>などもしっかり。

    半面、中国の政府系メディアがゲームを非難する記事を掲載したことで、今後中国での規制が強化されるのではとの思惑が膨らむ形となり、中国での事業展開に強みを持つネクソン<3659>やコーエーテクモHD<3635>が急落した。

    そのほか、ケイブ<3760>やバンク・オブ・イノベーション<4393>、ワンダープラネット<4199>などの下げもきつい。

株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2930億円、営業利益1114億円、最終利益562億円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3659
企業データを見る
イー・ガーディアン株式会社
https://www.e-guardian.co.jp/

会社情報

会社名
イー・ガーディアン株式会社
設立
1998年5月
代表者
代表取締役社長 高谷 康久
決算期
9月
直近業績
売上高78億4500万円、営業利益13億3900万円、経常利益13億8000万円、最終利益9億8000万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
6050
企業データを見る
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高603億7000万円、営業利益243億9700万円、経常利益392億9900万円、最終利益295億5000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3635
企業データを見る
株式会社東京通信
https://tokyo-tsushin.com/

会社情報

会社名
株式会社東京通信
設立
2015年5月
代表者
代表取締役会長 外川 穣/代表取締役社長CEO 古屋 佑樹
決算期
12月
直近業績
売上高24億4900万円、営業利益3億8300万円、経常利益3億6900万円、最終利益1億9300万円(2020年12月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
7359
企業データを見る