バンナムHDの第1四半期のIP別売上高、ガンダムが16%増の240億円とDBに迫る ウルトラマンやアイカツ、アンパンマンが大幅増

 バンダイナムコホールディングス<7832>は、この日(8月5日)、第1四半期(21年4~6月)の決算で、「機動戦士ガンダム」のグループ全体の売上高が前年同期比15.9%増の240億円となったことを明らかにした。「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデルやコレクターズフィギュアなどハイターゲット層(大人層)向けの商品が海外展開の拡大で伸びた、としている。

最も売上を出している『ドラゴンボール』については、同11.4%減の251億円と2桁の減少となった。「ガンダム」との差が11億円まで縮まった。このほか、『ワンピース』が4.8%減の100億円、『NARUTO』が5.6%増の57億円、『仮面ライダー』が5.7%増の56億円、『アンパンマン』が35.7%増の19億円、『ウルトラマン』が92.3%増の25億円となった。

このほか、女児向けコンテンツでは、『アイカツ』が倍増の8億円、『プリキュア』が11.1%減の16億円などとなっている。

 

 

株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高7409億0300万円、営業利益846億5400万円、経常利益876億1200万円、最終利益488億9400万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7832
企業データを見る