【人事・組織変更】ワンダープラネット、経営体制の強化を図るため3部署新設 あわせて役員体制も変更

ワンダープラネット<4199>は、経営体制の強化を図るため、2021年9月1日付で組織変更と役員体制の変更を行うと発表した。

ミッション「楽しいね!を、 世界中の日常へ。 」実現に向け、強みであるグローバル展開の一層の強化とともに、技術戦略と中長期視点での経営戦略策定を目的に3部署を新設した。そして組織変更に応じた役員体制の変更を行い、さらなる成長を目指す、としている。

 

■組織変更

⒈ 東京スタジオ
グローバルスタジオの「海外展開力」、タノシムスタジオの「高い専門性と技術力」の各強みを掛け合わせ、両スタジオを統合し新しいスタジオとして同社のグローバル展開を一層加速させることを目的に新設した。

⒉ EDMO(エドモ)
「Engineering & Design Management Office」の略称。同社の技術戦略策定や、エンジニア及びデザイナーの開発基盤整備や技術育成等を目的に新設した。

⒊ 経営企画室
中長期視点で同社の企業価値向上に資する経営戦略の策定を目的に新設した。

 

■役員体制

代表取締役社長CEO: 常川 友樹
取締役CGO: 久手堅 憲彦(東京スタジオ管掌)
取締役CFO: 佐藤 彰紀
取締役会長: 石川 篤
取締役(社外):和田 洋一
取締役(社外):手嶋 浩己
常勤監査役(社外):毛利 泰康
監査役(社外):吉島 彰宏
監査役(社外):岡田 淳
執行役員:鷲見 政明 (名古屋スタジオ管掌)※
執行役員:村田 知常 (名古屋スタジオ管掌)
執行役員:開 哲一(VPoE 兼 EDMO管掌)
執行役員:青田 径春 (経営企画室管掌)
執行役員:高宮 啓(コーポレート部管掌)
※鷲見政明氏は、新任取締役候補者として内定しており、2021年11月下旬開催予定の第9期株主総会における承認を経て正式に決定する予定。また、取締役選任と共に CPO(Chief Product Officer)に就任し、同社プロダクトの企画、開発、運営に関する業務執行を統括する予定。

ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億3400万円、営業利益3億1200万円、経常利益3億1200万円、最終利益2億2400万円(2020年8月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
4199
企業データを見る