【ゲーム株概況(9/7)】東映アニメが4日続伸…終値ベースで2万円の大台乗せ 日経平均採用の任天堂は続伸 前日S高のgumiは利益確定売り

  • 9月7日の東京株式市場では、日経平均は7日続伸となり、前日比256.25円高の2万9916.14円で取引を終えた。前場場中に一時3万円大台に乗せる場面があったものの、大台乗せによる目先の達成感もあって一巡後は上げ幅を縮小した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、東映アニメ<4816>が4日続伸し、終値ベースで2万円の大台乗せを達成した。東映アニメは、先日、東海東京証券が投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げしたことが騰勢を強める要因となっているようだ。

    また、前日6日に日経平均株価を構成する225銘柄の定期見直しで採用が正式に決定した任天堂<7974>は続伸した。

    ほか、ネクソン<3659>やアピリッツ<4174>、ガンホー<3765>などが買われた。

    半面、前日ストップ高まで買われたgumi<3903>は利益確定の売り物に押され、東京通信<7359>が続落した。

任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7974
企業データを見る
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高515億9500万円、営業利益155億300万円、経常利益160億4000万円、最終利益110億6700万円(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4816
企業データを見る