【ゲーム株概況(9/24)】個人投資家向けセミナー控えるアピリッツが大幅高 『テイルズ オブ ルミナリア』の開発担当を発表のコロプラは後場一段高

  • 9月24日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりの大幅反発となり、前日比609.41円高の3万248.81円と3万円大台を回復して取引を終えた。中国の不動産大手である中国恒大集団の債務問題を巡る不安の後退に加え、米FOMC(連邦公開市場委員会)を波乱なく通過したことで、買い戻しの動きが広がった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アピリッツ<4174>やアクセルマーク<3624>などが大幅高した。アピリッツは、明日9月25日に個人投資家向けIRセミナーへの登壇が予定されており、先日のcoly<4175>が説明会動画で動意づいた連想が働いたもようだ。

    また、そのcolyも続伸したほか、エイチーム<3662>やAiming<3911>なども買われた。

    コロプラ<3668>は、後場場中に『テイルズ オブ』シリーズの新作スマートフォン向けゲーム『テイルズ オブ ルミナリア』をバンダイナムコエンターテインメントと共同開発していることを発表し、一段高した。

    半面、前々日に月次好調で高値を更新していたフリュー<6238>は利益確定の売り物に押され、ブシロード<7803>が3日ぶりに小反落した。

株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 馬場 功淳
決算期
9月
直近業績
売上高451億2800万円、営業利益122億5000万円、経常利益117億9000万円、最終利益79億7700万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3668
企業データを見る
株式会社アピリッツ
https://appirits.com/

会社情報

会社名
株式会社アピリッツ
設立
2000年7月
代表者
代表取締役社長 執行役員CEO 和田 順児
決算期
1月
直近業績
売上高38億8900万円、営業利益2億2900万円、経常利益2億2900万円、最終利益1億2500万円(2021年1月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4174
企業データを見る