JPYC、約5億円の資金調達を実施 運営力・開発力の強化などに充当、第三者型前払式支払手段の取得を目指す



JPYCは、11月10日、Headline Asiaをリード投資家として、Circle Venturesなど国内外の投資家から約5億円のシリーズA資金調達を実施したと発表した。

調達した資金は、JPYC発行体としての安定化、運営力・開発力の強化、第三者型前払式支払手段の取得に充当するとしている。

なお、今回新たに投資を行ったHeadline Asia(旧称:インフィニティ・ベンチャーズ)は、アジアを中心に4つのファンドで累計300億円を運用する、グローバルな独立系ベンチャーキャピタルファンドとなる。Circle Venturesは、USドルに連動したステーブルコイン『USDC』を発行するCircle社のベンチャー・キャピタル部門とのこと。


■シリーズA調達の引受先
・Headline Asia
・Circle Ventures
・i-nest capital
・JPYC従業員持株会

JPYCは、2021年1月に日本初のERC20自家型前払式支払手段として日本円連動ステーブルコイン『JPYC(JPY Coin)』を発行した。


JPYC

会社情報

会社名
JPYC
設立
2019年11月
代表者
岡部 典孝
企業データを見る