【ゲーム株概況(11/16)】国内証券が目標株価引き上げのギークスが終値で2000円大台乗せ 中国のオンラインゲーム承認再開観測でネクソンが買われる

  • 11月16日の東京株式市場では、日経平均は小幅ながら4日続伸し、前日比31.32円高の2万9808.12円で取引を終えた。米中のオンライン首脳協議が波乱なく通過したとの見方から一時は2万9900円台まで買われる場面があったものの、3万円大台の壁を前に利益確定の売り物が広がった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ギークス<7060>が6日続伸し、終値ベースで2000円大台乗せを示現してきた。ギークスは、水戸証券がレーティング「A」を継続し、目標株価を1850円から2250円に引き上げたことが新たな刺激材料となっているようだ。

    また、一部メディアが中国でオンラインゲームの承認が近く再開される可能性があると報じられたことで、ネクソン<3659>が上げ幅を拡大して3日続伸したほか、コーエーテクモHD<3635>も買われた。

    好決算銘柄物色の流れは、日本一ソフト<3851>や壽屋<7809>、ブシロード<7803>などで続き、ガンホー<3765>も自社株買いの評価も相まって続伸した。

    ユークス<4334>は、メタバース関連での思惑に加え、「鬼滅の刃」関連での連想もあってストップ高した。

    半面、バンク・オブ・イノベーション<4393>が反落し、ドリコム<3793>やカヤック<3904>などが売られた。

    フリュー<6238>は12日に発表した10月の月次売上高で、前年同月比での伸びが縮小してきたとの見方から大幅続落した。

株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2930億円、営業利益1114億円、最終利益562億円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3659
企業データを見る
フリュー株式会社
http://www.furyu.jp/

会社情報

会社名
フリュー株式会社
設立
2007年4月
代表者
代表取締役社長 三嶋 隆
決算期
3月
直近業績
売上高247億7700万円、営業利益27億3600万円、経常利益27億1600万円、最終利益18億4400万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
6238
企業データを見る
ギークス株式会社
http://geechs.com/

会社情報

会社名
ギークス株式会社
設立
2007年8月
代表者
代表取締役CEO 曽根原 稔人
決算期
3月
直近業績
売上高34億2700万円、営業利益7億3800万円、経常利益7億1300万円、最終利益4億5700万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7060
企業データを見る