セガ、学校法人滋慶学園COMグループと産学連携教育プロジェクトに取り組むことを発表

  • セガは、本日(11月30日)、学校法人滋慶学園COMグループとの産学連携教育プロジェクトに取り組むことを決定したことを発表した。

    本プロジェクトは滋慶学園COMグループの東京コミュニケーションアート専門学校、OCA大阪デザイン&ITテクノロジー専門学校など12校の在校生を対象に、新作ゲームの企画・制作や、セガの既存ゲームのプロモーション企画といった各種コンペティションを開催するもの。優秀作品は同社での実際のゲーム制作やマーケティング施策にて活用していく。

    応募作品の制作過程におけるサポートや審査、講評には同社の現役ゲームクリエイターがあたる。本取り組みがゲーム産業での就労を目指す学生に対する実践的な学びの機会の提供になること、同社にとっては若い世代の柔軟かつ斬新なアイディアに触れることがクリエイターにとって刺激になることを期待しているという。

  • 本日には第一弾となる、スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』のエンブレム&ユニフォームといったゲーム内パーツのデザインの優秀作品が滋慶学園COMグループの「2021 JIKEI COM Game & e-Sports Show」にて発表される。

    【セガ・学校法人滋慶学園COMグループ産学連携プロジェクト概要】
    実施期間: 2021年9月~2022年9月 ※テーマごとにスケジュールが異なる。
    対象: 東京コミュニケーションアート専門学校、OCA大阪デザイン&ITテクノロジー専門学校 など計12校
    内容:同社の設けたテーマに沿った作品を対象校の学生から募集し、現役クリエイターが審査する。優秀作品は同校主催イベントなどで発表されるほか、セガの実際のゲームやマーケティング施策にて活用する。

    <コンペティション募集テーマ>
    (1)ゲームのプロモーション企画
    現在サービス提供中のスマホ向けゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』について、学生と同世代の方々の利用を促進する企画を募集する。

    (2)ゲーム内デザインパーツ
    現在サービス提供中のスマホ向けゲームのためのキャラクターなどのデザインを募集する。

    (3)ゲーム作品
    設定されたテーマに沿ったゲームのサンプル作品を募集する。学生には企画からサンプル版の制作まで行ってもらう。

    (4)新興国向けカジュアルゲーム作品
    新興国の市場性を調査するためのゲーム企画を募集する。

  • ▲事前説明会の様子。会場となった東京コミュニケーションアート専門学校と対象各校とをオンラインでつないで開催された。
  • ▼滋慶学園COMグループについてhttps://www.jikeicom.jp
    1987年の開校以来、専門学校、高等専修学校など全国に40校を展開する教育機関。徹底した産学連携教育のもと、豊かな「創造力」で「夢」と「感動」を与えられる人材育成を目指している。ゲーム・アニメーション・テクノロジー・デザイン・イラスト・自動車デザイン・マンガ・音楽・ダンス・映画・動物・海洋・自然・健康・スポーツ・医療・製菓・観光・ホテル などのさまざまな業界とともに学び、業界に喜ばれる人づくりで多くのプロを育て社会に送り出している。

株式会社セガ
https://www.sega.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
1960年6月
代表者
代表取締役会長CEO 里見 治紀/代表取締役社長COO 杉野 行雄
決算期
3月
直近業績
売上高1342億8500万円、営業利益183億7200万円、経常利益225億1700万円、最終利益256億2000万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る