サンリオ、KTLとKTL上海と締結した中国大陸におけるキャラクター商品のマスターライセンス契約を更新、MG32億円計上

サンリオ<8136>は、子会社のSanrio(Shanghai)International Trade(サンリオ上海)がKT Licensing(KTL)と、KT Licensing(KTL上海)との間で2017年1月に締結したキャラクターの中国大陸におけるマスターライセンス契約を更新したと発表した。サンリオの2022年3月期の業績に与える影響は軽微となる見通し。

この契約更新により、KTL社、KTL上海社は、サンリオキャラクターのデザインした商品を中国大陸において製造・販売、他社へライセンスする独占的権を継続所有する。

一方、サンリオ上海もこの契約により得られる商品の製造・販売に一定料率を乗じた金額およびロイヤルティの、一定割合の支払いを引き続き受けることになる。

KTLとKTL上海は、2012年~2021年の10年間の契約期間にサンリオキャラクターの中国大陸市場における商品化権ライセンスの事業拡大に注力し、ミニマムギャランティを概ね達成した。

中国市場は今後も成長が見込める市場で、KTLとKTL上海との商品ライセンスに関してのマスタ―ライセンス契約を更新し、中国大陸市場の安定した収益の獲得を目指すことにしたという。

■契約(更新)の概要
1)契約締結日2021年12月30日
2)契約期間2022年1月1日から2022年12月31日(12か月)
3)ミニマムギャランティー RMB1億7950万-(参考:32億円)(12か月)
(付加価値税6%込。上記の円金額については1RMB=17.83円として日本円に換算した場合の参考金額を表示している)

株式会社サンリオ
https://www.sanrio.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サンリオ
設立
1960年8月
代表者
代表取締役会長 辻 信太郎/代表取締役社長 辻 朋邦
決算期
3月
直近業績
売上高410億5300万円、営業損益32億8000万円の赤字、経常損益17億3100万円の赤字、最終損益39億6000万円の赤字(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
8136
企業データを見る