カプコン、『モンスターハンターライズ』の全世界出荷本数が800万本を突破! PC版の発売でグローバルにユーザーベースが拡大


カプコン<9697>は、『モンスターハンターライズ』が全世界で800万本出荷を達成したことを発表した。

「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。2004年の第1作発売以来、ネットワークを介して「他のプレイヤーと協力して強大なモンスターに挑む」というプレイジャンルを確立し、シリーズ累計販売本数7800万本(2021年9月30日現在)を誇る、世界中から注目を集めるコンテンツに成長している。

この度『モンスターハンターライズ』は、全世界で利用されるPCプラットフォーム「Steam」での販売を1月13日※より開始した。PC環境に合わせた高精細な4K解像度やボイスチャット機能などによる、新しい狩猟体験がユーザーから高い評価を獲得したことに加え、より広範な国や地域にユーザーベースが拡大した結果、2021年3月に発売したNintendo Switch版と合わせて、全世界で800万本を達成した。※日本時間

同社は今後、2022年夏に本作の超大型有料拡張コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の発売を予定しており、さらに幅広いユーザー層への訴求を図るとしている。


ⒸCAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高1100億5400万円、営業利益429億900万円、経常利益443億3000万円、最終利益325億5300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9697
企業データを見る