【ゲーム株概況(3/9)】国内証券が目標株価引き上げのエイベックスが買われる カプコンは5日ぶり反発 SHIFTが終値ベースで2万円台割れ

  • 3月9日の東京株式市場では、日経平均は4日続落し、前日比73.42円安の2万4717.53円で取引を終えた。前日までの急ピッチの下げに対する買い戻しの動きで、一時は2万5000円台を回復する場面があったものの、ウクライナ情勢を巡る不透明感は根強く、引けにかけてリスク回避の動きが強まった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、エイベックス<7860>やDeNA<2432>、コナミHD<9766>などが買われた。エイベックスは、東海東京証券が投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を2460円から2530円に引き上げたことが市場の関心を集めたようだ。

    また、KADOKAWA<9468>が3日ぶり、カプコン<9697>が5日ぶりにそれぞれ反発し、ネクソン<3659>やエイチーム<3662>などもしっかり。

    半面、ギークス<7060>やエクストリーム<6033>の下げがきつく、周辺株ではSHIFT<3697>が反落して終値ベースで11営業日ぶりに2万円台を割り込んだ。

    大手ゲーム株では、バンダイナムコHD<7832>が5日続落とさえない。

エイベックス株式会社
https://avex.com/

会社情報

会社名
エイベックス株式会社
設立
1988年4月
代表者
代表取締役会長 松浦 勝人/代表取締役社長CEO 黒岩 克巳/代表取締役CFO 林 真司
直近業績
売上高984億3700万円、営業利益25億8200万円、経常利益23億5100万円、最終利益9億1900万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7860
企業データを見る