任天堂、22年3月期の期末配当を従来予想の1株あたり1080円から1410円に増配 年間配当金は2030円

  • 任天堂<7974>は、5月10日、2022年3月期の期末配当予想を従来予想の1株あたり1080円から1410円に増配して実施することを決定した。2021年3月期の実績は同額の1410円だった。

    同社は、年間配当金について、通期連結営業利益の33%を配当金総額の基準とし、期末時点で保有する自己株式数を差し引いた発行済株式数で除した金額の10円未満を切り上げた金額か、もしくは連結配当性向50%を基準として10円未満を切り上げた金額のいずれか高い方を1株当たりの年間配当金とすることを基本方針としている。

    今回は配当方針に基づく1株当たりの年間配当金は2030円となり、中間配当の620円を差し引いた1株当たりの期末配当金は1410円となった。

任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7974
企業データを見る