【ゲーム株概況(5/13)】Web3領域への積極進出を発表のオルトプラスが3日ぶりに大幅反発 前期最高業績達成の東映アニメがS高 グリーは9日続落

  • 5月13日の東京株式市場では、日経平均は大幅反発し、前日比678.93円高の2万6427.65円で取引を終えた。ゴールデンウィーク明けから前日までに1000円超の下落となっていたこともあり、買い戻しの動きが広がった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、第2四半期決算とともにJリーグオフィシャルライセンスを受けた国内初のブロックチェーンサッカーゲーム『トレサカ Jリーグ』の今夏リリースや、Web3領域への積極的な進出を開始することを発表したオルトプラス<3672>が3日ぶりに大幅反発した。

    同様に第1四半期決算とともにアニメ「天元突破グレンラガン」の初のスマホゲームの制作プロジェクトに参画していることなどを発表したKLab<3656>も反発し、2022年3月期決算が過去最高業績となり、今期も複数の劇場版大型作品の公開を控える東映アニメ<4816>はストップ高した。

    大手ゲーム株では、前日12日の好決算発表に加え、野村証券が投資判断「Buy」を継続し、目標株価を9300円から9400円に引き上げたコナミHD<9766>が反発した。

    ほか、ドリコム<3793>やコロプラ<3668>、enish<3667>なども高い。

    半面、12日に第3四半期決算を発表したグリー<3632>は、2ケタ超の営業減益となったこともあり、9日続落と厳しい状況が続いた。

    また、KADOKAWA<9468>は、『エルデンリング』販売好調で2022年3月期決算はゲーム事業の好調ぶりが目立つ内容となったが、今期の減収減益予想を悲観的にとらえた向きに売られた。

    業績予想の下方修正を嫌気して前日売られていたエイベックス<7860>は5日続落し、年初来安値を更新した。

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る
株式会社オルトプラス
http://www.altplus.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社オルトプラス
設立
2010年5月
代表者
代表取締役CEO 石井 武
決算期
9月
直近業績
売上高72億9100万円、営業損益5億5400万円の赤字、経常損益3億4800万円の赤字、最終損益3億8800万円の赤字(2021年9月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3672
企業データを見る
コナミホールディングス株式会社
http://www.konami.com/

会社情報

会社名
コナミホールディングス株式会社
設立
1973年3月
代表者
代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 東尾 公彦
決算期
3月
直近業績
売上高2995億2200万円、営業利益744億3500万円、最終利益548億600万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム(ロンドン証券取引所にも上場)
証券コード
9766
企業データを見る
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高570億2000万円、営業利益181億0700万円、経常利益188億2200万円、最終利益128億2000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4816
企業データを見る