SIE、『グランツーリスモ7』のアップデートを実施 新コース「ワトキンズ・グレン・インターナショナル」や新車種が登場

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、『グランツーリスモ7』について、新規収録車種やコース追加を含むアップデートを、6月23日15時(日本時間)に配信した。

新規収録車種として「フォード1932フォード ロードスター」、「スズキ V6エスクード Pikes Peak Special '98」、「スズキ ビジョン グランツーリスモ(Gr.3Version)」を追加した。
また、新規コースとして「ワトキンズ・グレン・インターナショナル」が追加され、ロングコースとショートコースのレイアウトをドライビングできる。

本アップデートではメニューブックの形でさまざまな課題が与えられる「カフェ」にも、新たに「エクストラメニュー」を追加した。「エクストラメニュー」はさまざまなテーマによる新しいカーコレクションを提案するもので、プレイヤーがエンディングに到達し、かつコレクターズレベルが一定以上の場合に限り報酬を受け取ることができる。

■新規収録車種
・「フォード1932フォード ロードスター」 ※レジェンドカーで購入可能
ヘンリー・フォード博物館に展示されている「ハイボーイ」スタイルのホットロッド
・「スズキ V6エスクード Pikes Peak Special '98」 ※レジェンドカーで購入可能
伝統のヒルクライムレースを制するために生まれたモンスター
・「スズキ ビジョン グランツーリスモ(Gr.3Version)」 ※ブランドセントラルで購入可能
スズキの闘志がみなぎるビジョン グランツーリスモのGr.3仕様

■新規収録コース
・「ワトキンズ・グレン・インターナショナル」
ニューヨークシティから北西へ約260マイル、アメリカはニューヨーク州のほぼ中央に位置する「ワトキンズ・グレン・インターナショナル」は、1956年に自然豊かな丘陵地帯に設けられた歴史あるロードコース。
前半は中・高速コーナーが続くハイスピードセクション、後半はタイトターンが連続するテクニカルなレイアウトとなり、レースではアップダウンと狭いコース幅も手伝ってスリリングなバトルを楽しむことができる。
なかでもバックストレートから高速シケインを抜け、バンク付きの右コーナー「アウターループ」へと続く区間は、本コース最大の見せ場。
そこから先の「ブーツ」と呼ばれるテクニカルセクションをバイパスするか否かが「ロングコース」と「ショートコース」の違いになる。

■「エクストラメニュー」追加
「カフェ」に以下の「エクストラメニュー」を追加した。
・コレクション「トヨタ86」:コレクターズレベル20でオープン
・コレクション「ホンダ Type R」:コレクターズレベル20でオープン
・コレクション「ロータリーエンジン」:コレクターズレベル32でオープン

■スケープス 特集追加
・「ワトキンズ・グレン・インターナショナル」

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)
https://www.sie.com/jp/index.html

会社情報

会社名
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)
設立
1993年11月
代表者
代表取締役社長 ジム・ライアン
企業データを見る