バンダイナムコHD、第1四半期のネットワークコンテンツの売上高は4%増の415億円 既存主力タイトルが好調に推移

バンダイナムコホールディングス<7832>は、この日(8月5日)、第1四半期(22年4~6月)の決算におけるスマートフォンゲームを中心とするネットワークコンテンツの売上高が前年同期比4.0%増の415億円だった。

同社では、主力タイトルや前の期にサービスを開始したタイトルがユーザーに向けた継続的な施策により好調に推移した、としている。この四半期でセールスランキング上位に入った主なタイトルは以下のとおり(当サイト調べ)。

・『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』
・『アイドルマスター シャイニーカラーズ』
・『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』
・『機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE』
・『テイルズ オブ ザ レイズ 』
・『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚』
・『ドラゴンボールZドッカンバトル』
・『ドラゴンボール レジェンズ』
・『ONE PIECE トレジャークルーズ』
・『ONE PIECE バウンティラッシュ』

なお、四半期別の売上高の推移は以下のとおり。緩やかな下落トレンドにあるように見受けられる。

 

株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高8892億7000万円、営業利益1254億9600万円、経常利益1336億800万円、最終利益927億5200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7832
企業データを見る