セガ、『シン・クロニクル』で人狼×アドベンチャーゲーム『ギ・クロニクル』第三夜を本日19時より開始! Twitterのアンケート投票でキャラの生死が分かれる!


セガは、『シン・クロニクル』において、ゲームメディア「電ファミニコゲーマー」を運営するマレと共同制作した、Twitterを使った人狼×アドベンチャーゲーム『ギ・クロニクル』を、7月29日より開催している。この『ギ・クロニクル』の第三夜を、本日(8月8日)19時よりスタートする。

■『ギ・クロニクル』の遊び方・スケジュール
『ギ・クロニクル』の物語は、「電ファミニコゲーマー」の記事上で展開され、リアルタイムに更新されていく。物語がある程度進むと、電ファミニコゲーマーのTwitterアカウント(@denfaminicogame)にて、アンケートが投稿される。このアンケートは全プレイヤー共通のもので、もっとも票数の多かった選択肢が選ばれ、物語が分岐。プレイヤーは、このアンケートに一票を投じることができる。アンケートは大きく分けて、人狼における“投票”の選択肢と、「右に行く or 左に行く」というような分岐の選択肢の2種類があり、いくつかの分岐を経て、2時間ほどで一つのエンディングを迎える。なお、アンケートの受付時間は数分~数十分となっており、公演は1日1ルートだけとなる。通常の人狼のように、登場人物たちの発言から裏切り者を考察・推理するもよし。はたまた、自分の直感を信じるもよし。あなたの一票が物語を左右し、どのルートを通り、どういったエンディングを迎えるのかは参加者次第。そして、本作をより一層楽しむために、本日より開催される第三夜では、吉岡茉祐さんのリアルタイム実況が電ファミニコゲーマーのTwitterのスペースで実施される。より没入して作品を体験できるようになっているので、スペースを聞きながら参加してみよう。


吉岡茉祐さん

■第三夜
8月8日19:00頃~
実況:吉岡茉祐
記事:
https://news.denfaminicogamer.jp/gi-chronicle/day3
スペース:
https://twitter.com/i/spaces/1LyxBogNAkpKN

【過去の公演はこちら!】

■第一夜
https://news.denfaminicogamer.jp/gi-chronicle/day1
■第二夜
https://news.denfaminicogamer.jp/gi-chronicle/day2

■『ギ・クロニクル』とは


『ギ・クロニクル』は、スマートフォン向けRPG『シン・クロニクル』のスピンオフ作品で、人狼における「投票」とアドベンチャーゲームにおける「選択肢による分岐」をTwitterのアンケート機能を使って決定し、不特定多数のプレイヤーと共に遊ぶという、大規模かつ実験的なゲーム。




キャラクターの生死や通るルートも全てアンケートによる投票によって決定し、複数の分岐を経て、やがて一つのエンディングに到達。想い、感情、謎、そして「ギ」がつむぐ唯一無二の物語体験を味わうことができる。ただし、最後にはきっと、涙と血に濡れた「決断」と「選択」から、誰も逃れることはできない。物語は電ファミニコゲーマーの記事上で更新されていき、総テキスト量は約16万文字。イラストは数十点、エンディングパターンは10以上という大ボリュームの内容になっており、公演は合計6回行われ、1公演につき約2時間かけて1ルートが描かれる。エンディングにも、いわゆるバッドエンドやトゥルーエンドがあるため、「何を選べばどう分岐するのか」「誰がシロで誰がクロなのか」など、限られた回数の中で推理や考察を行い、トゥルーエンドを目指そう。通常のアドベンチャーゲームや人狼とは違い、不特定多数のプレイヤーが同時に投票を行うため、時には思いがけない選択肢が選ばれる可能性もあるが、そこも含めて実験的な作品であり、本作の醍醐味となる。



本作の企画・シナリオを手掛けるのは、『Fate/Grand Order』のイベントシナリオ「イマジナリ・スクランブル」や、人狼をモチーフとしたアドベンチャーゲーム『レイジングループ』などを手掛けたamphibian氏。そして、キャラクターデザイン・イラストは『ラブプラス』のキャラクターデザイナーで知られる箕星太朗氏が担当。プロデュースは、SNSミステリー『Project:;COLD』のプロデューサーであり、 電ファミニコゲーマーの編集長であるTAITAI氏が務める。



■関連サイト


©SEGA

株式会社セガ
https://www.sega.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
1960年6月
代表者
代表取締役会長CEO 里見 治紀/代表取締役社長COO 杉野 行雄
決算期
3月
直近業績
売上高1342億8500万円、営業利益183億7200万円、経常利益225億1700万円、最終利益256億2000万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る