KLabのWeb3子会社、新感覚ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』を2022年内に配信!



KLab<3656>のWeb3 関連事業を管轄する子会社BLOCKSMITH&Co.は、10月18日、日本を代表するサッカー漫画『キャプテン翼』のIPを活用した、 新感覚ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』を2022年内にローンチ予定と発表した。

Thirdverseのブロックチェーンゲーム関連事業を管轄する子会社のゲームスタジオ、 SWORDと共同タイトルになる。またゲームローンチに先立って、 本日(10月18日)より公式サイト・Discordなどのソーシャルメディアコミュニティをオープンした。


■『キャプテン翼 -RIVALS-』 について



『キャプテン翼 -RIVALS-』は、 原作『キャプテン翼』に実際に登場する選手たちを育成し、 他のプレイヤーと対戦(PvP)する新感覚ブロックチェーンゲームとなる。

最大の特長は、 他プレイヤーとの対戦を通して得られるライバルピースを、 選手やサポートキャラクターなどのNFTを含む報酬と交換することができる点という。

従来のスマートフォンゲームとは異なり、 本作においてプレイヤーが扱う選手に関しては、 たとえ同一選手であっても全て異なる絵柄・パラメータから構成されるようプログラムで生成された、 あなただけの「ジェネラティブNFT(※1)」となる。

『キャプテン翼 -RIVALS-』においてライバルピースを奪い合う対戦(PvPモード:プレイヤー対プレイヤーで行なう対戦)に勝利するためには、 選手の必殺技やスキル、 属性や相性といった様々なパラメータを考慮したゲーム戦略を立てることに加え、 あなただけの「ジェネラティブNFT」、 すなわち選手をどう育成するかが鍵となる。

ジェネラティブNFTとなる選手の育成には、 「TSUBASAUT」と呼ばれるユーティリティトークンを使用する。

「TSUBASAUT」は原作に登場するライバルと戦う対戦モード(PvEモード :プレイヤー対コンピューターの敵で行う対戦)で獲得することができ、 このトークンを使用することで

・選手のレベルやパラメータを成長させる
・必殺技やスキルを覚える
・2つの選手の特徴を継いで、 新たな選手NFTを産み出す

などの多数の育成機能を開放することができる。

■ジェネラティブNFT(※1)について



『キャプテン翼 -RIVALS-』におけるNFTはプログラムによってユーザ一人一人に対してユニークなものが自動生成される「ジェネラティブNFT」と呼ばれるものであり、 ユーザーは、 イラスト、 必殺技シーンムービー、 ジェネラティブBGM(※2)が組み合わさった、 世界に一つだけのオリジナルNFTを収集し、 プレイすることができる。

■ジェネラティブBGM(※2)について
ジェネラティブBGMとは、 ジェネラティブNFTと同様に、 プログラムによる組み合わせで自動生成されるゲーム内音楽。

今回『キャプテン翼 -RIVALS-』においては、 新しく『キャプテン翼』の世界へ飛び込むユーザには『キャプテン翼』の魅力を感じてもらえるように、 そしてこれまでの『キャプテン翼』関連作品のファンにとってはブロックチェーンゲームの奥深さを感じてもらえるように、 国内外の様々なアーティストのプロデュース、 リミックスを手がける音楽家・プロデューサー・DJの大沢伸一(MONDO GROSSO)氏に楽曲制作をしている。

■マーケットプレイス
育成した選手NFTなどは、 ゲーム内のマーケットプレイスで売買する事が可能。


■『キャプテン翼 -RIVALS-』が目指すもの
本ゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』においては、 ガバナンストークンとして「TSUBASAGT」を、 ユーティリティトークンとして「TSUBASAUT」を利用する。

ゲームプレイを通じてユーザーはこれらトークンを獲得する、 すなわち「Play-and-Own」という、 これまでのソーシャルゲームとは全く異なる新たな体験が可能。

そして我々が実現したいゴールは、 本ゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』をユーザーに長く楽しんでもらうブロックチェーンゲームにする。

長く楽しんでもらうブロックチェーンゲームとするために、 以下の3つの仕組みを導入すうr.

・投機を目的としたユーザーよりゲームを楽しむユーザーがユーティリティトークンを多く得られる仕組み
・ユーティリティトークンを使って遊ぶユーザーを優遇する仕組み
・ユーティリティトークンの獲得/消費のバランスを取るための動的な制御

『キャプテン翼 -RIVALS-』は、 このようなトークンの需給バランス調整のための仕組みに力を入れ、 ゲーム経済圏のサステナブルな状態を目指すとしている。

なお、 本ゲームのトークンは、 IEO(取引所を介した上場)も視野にしているとのこと。

■『キャプテン翼』原作者 高橋陽一先生 コメント
今回、 ブロックチェーンやNFTという新しい技術を使ったゲームを出してもらえることになりました。 どんな風に遊べるのか、 僕自身もまだわからない部分も多いのですが、 その分期待も大きいです。
今までのゲームとはまた違った形で皆さんに楽しんでもらえたらと思います。

■音楽家 大沢伸一(MONDO GROSSO)氏 コメント
数ある音楽の使途のなかでも、 ゲームとの親和性はかなり深いものがあると考えている。
特に本作では、 1曲に対して複数のアプローチをステムで用意し、 組み合わせの妙を楽しむという部分が画期的だと思います。 

投資家一覧
 



■関連サイト


(C)高橋陽一/集英社
(C)Thirdverse, Co., Ltd.
(C)BLOCKSMITH&Co.

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る
BLOCKSMITH&Co.

会社情報

会社名
BLOCKSMITH&Co.
企業データを見る
Thirdverse

会社情報

会社名
Thirdverse
企業データを見る