KONAMI、「Mobage」で『のってけタウンタウン』の提供開始

コナミデジタルエンタテインメントは、フィーチャフォン版「Mobage」で、新作ソーシャルゲーム『のってけタウンタウン』の提供を開始した。基本プレイ無料のアイテム課金制。テストプレイしたので、ゲームの概要を紹介しておこう。 本作は、都市育成ゲームとバトルゲームを融合させたようなゲームとなっている。プレイヤーは、日本全国で電車に乗って物件を入手したり、収集した物件の整理・合成を行ったりして、魅力的な街づくりが楽しめる。また、位置情報を登録すると、クエストをこなすのに必要なノルカポイントをもらえる。 ソーシャル要素として、集めるとレアな物件が手に入る「秘密設計図」を巡って、他のプレイヤーの街とバトルを行うことができる。他のプレイヤーと仲間になることで、バトルなどで協力することも可能だ。 このほか、ゲームで遊んでいると、自分の街にはストライクキーと呼ばれる猿が取り付くことがある。バナナなどアイテムを使って猿退治をすると、取り付いた物件の成長度が上がるほか、他の街に捕まえた猿を放すことができる。   『のってけタウンタウン』(「Mobage」会員のみ利用可能)   (C)2011 Konami Digital Entertainment. All rights reserved.
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
https://www.konami.com/games/corporate/ja/

会社情報

会社名
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
設立
2006年3月
代表者
代表取締役会長 東尾 公彦/代表取締役社長 早川 英樹
決算期
3月
直近業績
売上高1956億2200万円、税引前利益648億4800万円、最終利益435億5600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る