グランブルーファンタジー(グラブル)、Cygames、Google Play、App Store、GREE、mobageに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【発表会】『グランブルーファンタジー』アクションRPGプロジ...

【発表会】『グランブルーファンタジー』アクションRPGプロジェクト始動!? アニメ新情報も公開された「Cygames NEXT 2016」第一部をレポート

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
 
Cygamesは、8月21日、都内某所にて、新展開を発表するイベント「Cygames NEXT 2016」を開催した。
 
「Cygames NEXT 2016」は、Cygamesからリリースされる最新タイトルの情報を発表するカンファレンススタイルのイベント。登録者数1200万人を超えた 『グランブルーファンタジー』制作陣によるアニメ化最新情報の発表や、3月の「AnimeJapan 2016」で大きな話題を呼んだ 『ウマ娘 プリティーダービー』 のキャストによる新曲お披露目ライブなどが、第一部から第三部に分けて行われた。
 
本稿では、第一部にて公開された『グランブルーファンタジー』についての発表内容をお届けしていく。当日は、アニメ新情報、アクションRPG「Project Re:Link」の制作決定、ゲームの今後の展開などを発表した。
 

▲第一部でナビゲーターを務めた皆藤愛子さん。
 

■『GRANBLUE FANTASY The Animation』の放送開始時期が2017年1月に決定!



 
まず始めに発表されたのは、アニメ『GRANBLUE FANTASY The Animation』の新情報について。会場では最新PVが公開されたほか、制作スタッフであるCygames プロデューサーの春田康一氏、アニプレックス プロデューサーの鈴木健太氏、アニメ監督の伊藤祐毅氏、さらに『グランブルーファンタジー』声優陣から、グラン役の小野友樹さん、ジータ役の金元寿子さん、シェロカルテ役の加藤英美里さんら、計6名のゲストが登壇した。
 
【アニメ『GRANBLUE FANTASY The Animation』第1弾PV】
                                        


▲写真左から、Cygames プロデューサーの春田康一氏、アニプレックス プロデューサーの鈴木健太氏、アニメ監督の伊藤祐毅氏。
 

▲写真左から、グラン役の小野友樹さん、ジータ役の金元寿子さん、シェロカルテ役の加藤英美里さん。
 

また、本イベントでは、既に発表されている通り、制作会社がA-1 Picturesであることに加え、監督を務める伊藤氏をはじめとするメインスタッフの紹介が行われた。伊藤氏は「凄く大変な作品になるかと思いますが、最善の一手が打てるように頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。鈴木氏からは「ゲームをやり込んでいるからこそ分かるキャラ詳細などがシナリオに反映されており、信頼のおける監督です」というエピソードも。
 

▲会場では、「グラン」と「シェロカルテ」のキャラ設定資料を公開。シェロカルテが腰からぶら下げているのは、「コンパス」と「羅針盤」とのこと。
 

▲さらに、音楽は原作に引き続き植松伸夫氏と成田勤氏が担当することが明かされた。
 
シナリオについて伊藤氏は「物語の流れとしては、ゲームのメインシナリオを辿りつつ、キャラクターの掘り下げをしていく形になると思います」とコメント。原作のシナリオを担当しているライターがアニメシナリオを執筆していることもあり、キャラの性格に合わせた反応や表情に対する意見へのレスポンスが迅速に返ってくるのが非常に助かっているという。
 

▲小野さんは「グランサイファーを背に、動いている空がどのように描かれるかを楽しみにしています」とコメントし、期待感を募らせた。
 
そのほか、アニメ放映開始に向けて、スペシャルジョブクラス「アニメ宣伝隊長」にジョブチェンジしたジータが、さまざまなプロモーション企画を実施していく「”宣伝隊長ジータ”プロジェクト」を発足したことを発表。アニメの情報を届けるべく、Twitterのハッシュタグ「#宣伝隊長ジータ」にて、調査してほしいことを募集中とのことだ。
 

▲本企画のために描き下された「宣伝隊長ジータ」のイラストも初公開された。
 
続いて、アニメの主題歌がBUMP OF CHICKENの「GO」に決定したことを発表。
 
会場では、BUMP OF CHICKENからのビデオレターが流され、その中では、春田氏が直々にBUMP OF CHICKENのメンバーに熱い想いを込めた手紙を送ったことがきっかけだったという経緯も語られた。
 

・「BUMP OF CHICKEN」プロフィール
藤原基央(Vo./Gt.)、増川弘明(Gt.)、直井由文(Ba.)、升秀夫(Dr.)という千葉県出身の1979年生まれの幼なじみ4名で構成されるバンド。1996年2月に現編成での初ステージを踏む。2000年にシングル「ダイヤモンド」でメジャー・デビュー。2002年の1stアルバム『jupiter』が初登場1位を獲得。以降、ヒットを重ねてシーンのトップランナーへ躍進し、常に進化をしながらも高い人気を獲得。
2014年に初の東京ドーム公演、2015年末には『紅白歌合戦』初出場を果たす。
2016年2月の『Butterflies』でメジャー・アルバムは6枚を数え、同作のリリースツアーとして、総動員数約30 万人のスタジアムツアー「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016“BFLY”」を行い、大成功を収めた。
結成20周年目にしてなおリスナー層を拡大し続け、若者を中心に男女問わず幅広い年齢層に支持される稀有なバンドである。
 
・主題歌「GO」について
主題歌「GO」は、BUMP OF CHICKENらしい透明感と清涼感のあるサウンドを特徴とする楽曲で、壮大な透き通った空の世界を冒険する『GRANBLUE FANTASY The Animation』の世界観にふさわしい楽曲となっているとのこと。
 
【アニメ『GRANBLUE FANTASY The Animation』概要】
放送開始年月:2017年1月予定
製作:株式会社Cygames / 株式会社ANIPLEX
制作:A-1 Pictures
監督:伊藤 祐毅氏
キャラクターデザイン:赤井 俊文氏
音楽:植松 伸夫氏 / 成田 勤氏
プロデューサー:春田 康一氏(Cygames) / 鈴木健太氏(ANIPLEX)
公式サイト:http://anime.granbluefantasy.jp/
公式Twitter:@anime_gbf
 

■ポータルアプリ『GRANBLUE FANTASY Sky Compass』を発表



 
アニメの次に新たな展開が発表されたのは、『グランブルーファンタジー』を、より便利に楽しめるポータルアプリ『GRANBLUE FANTASY Sky Compass』。
 
『GRANBLUE FANTASY Sky Compass』は、『グランブルーファンタジー』のゲーム内の情報がひとまとめにされているほか、仲間と共有可能なカレンダー、作中に登場する楽曲の視聴機能などが搭載されているという。
 
なお、本アプリのリリース時期については、βテストを年内、本配信を2017年1月に予定している。
 

▲ホーム画面は、自分で選んだキャラを好きな位置に配置可能とのこと。




 

■『グランブルーファンタジー』がアクションRPGに! 「Project Re:Link」を発表!



 
ここで一度ゲストが降段し、会場では『グランブルーファンタジー』の新展開を示すPVを公開。シリーズ初となるアクションRPG「Project Re:Link」が、プラチナゲームズと共同で制作されていることが明らかになった。
 
【「Project Re:LINK」プロモーションムービー】

 
 
 
 
 
 
 
 
そして、ステージには引き続き春田氏に加え、Cygamesディレクターの福原哲也氏、プラチナゲームズ エグゼクティブプロデューサーの稲葉敦志氏、プラチナゲームズ プロデューサーの斎藤健治氏が登壇。
 

▲春田氏(写真左)と、Cygamesディレクターの福原哲也氏(写真右)。
 

▲プラチナゲームズ エグゼクティブプロデューサーの稲葉敦志氏(写真左)と、プラチナゲームズ プロデューサーの斎藤健治氏(写真右)。
 
稲葉氏は、「ファンサービスのために作りたい」という春田氏の想いに心を打たれて本作の制作に興味を持ちました、と開発のきっかけを語った。また、斎藤氏いわく、原作に登場する「アビリティ」や「奥義」といった要素は「Project Re:LINK」にも取り入れられているという。さらに、シングル・マルチ共に楽しめるシナリオモードが用意される予定であることが春田氏の口から語られた。
 
本作の開発はまだ始まったばかりということもあり、全体の出来としては現在10%ほどとのこと。ハードやリリース時期、価格については明かされなかったが、8月21日より、下記URLにて公式サイトをオープンしているので、今後も、本作の動向に注目していきたい。
 
「Project Re:Link」公式サイト:http://relink.granbluefantasy.jp/
 

■ゲーム、音楽、コラボ店舗などクロスメディア展開も続々

 
最後に、ゲーム内新コンテンツや、楽曲関連情報、コラボ店舗の情報など、『グランブルーファンタジー』の今後の展開を発表。
 
●ゲーム内新イベント「アーカルムの転生」について

 
ゲーム内新イベント「アーカルムの転生」のTipsと共に、プレオープン開催と近日イベントの開催が決定したことを明らかにした。本イベントでは、二十二の使徒たちと紡がれる新たなストーリーとバトルを楽しめるという。
 






※画面は開発中のもの
 
さらなる詳細については、近日公開予定の「これからの「グランブルーファンタジー」2016年8月号」にて掲載されるとのこと。
 
●楽曲第7弾、第8弾を発表!
 
続いて、『グランブルーファンタジー』の登場キャラたちが歌う楽曲第7弾「7日間かけて世界を創るより可愛い女の子1人創った方がいい」と、第8弾「The Dragon Knights」を発表した。2曲ともに、本日(8月22日)より、下記の『グランブルーファンタジー』キャラクターソング公式サイトにて予約が開始されている。
 
『グランブルーファンタジー』キャラクターソング公式サイト:http://song.granbluefantasy.jp/
 
楽曲第7弾概要:

発売日:2016年10月26日(水)
タイトル:『7日間かけて世界を創るより可愛い女の子1人創った方がいい』
歌:カリオストロ(CV:丹下桜)
 
楽曲第8弾概要:

発売日:2016年11月23日(水)
タイトル:『The Dragon Knights』
歌:ランスロット(CV:小野友樹)、ヴェイン(CV:江口拓也)、パーシヴァル(CV:逢坂良太)、ジークフリート(CV:井上和彦)
 
●「よろず屋シェロ なんばマルイ出張所」開催決定!

 

さらに、9月30日より、大阪のなんばマルイにて、「よろず屋シェロ なんばマルイ出張所」の開催が決定。
 
「よろず屋シェロ なんばマルイ出張所」開催概要
時期:2016年9月30日(金)~10月16日(日)
場所:なんばマルイ:大阪府大阪市中央区難波3-8-9
営業時間:11:00~20:30(日・祝は20:00まで、最終日は18:00まで)

 
最後に、春田氏は「『グランブルーファンタジー』が、2年半でここまで大きく成長できたのは、開発スタッフ、イベントに携わる関係者各位、何より、ゲームに触れてくださっている騎空士のみなさまのおかげだと感じております。これから3周年に向けて実施していきたいと思っているコンテンツやクロスメディア展開もございますので、今後の『グランブルーファンタジー』にも、是非ご期待ください」とコメントし、「Cygames NEXT 2016」第一部の締めとした。


 
■『グランブルーファンタジー』

 

GREE版



©Cygames, Inc.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社Cygames)

会社名 株式会社Cygames
URL https://cygames.co.jp/
設立 2011年5月
代表者 渡邊 耕一
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

株式会社Cygamesの求人情報

3DCGアーティスト

キャラクターのモデル作成 背景モデルの作成 キャラクターモデルのモーション作成 エフェクトの作成 3Dグラフィックのアートディレクション

イラストレーター

・弊社にて開発・運用中のタイトルのキャラクターから背景まで一枚のイラスト ・ゲーム内に登場するキャラクターやアイテムの原画・彩色を担当 ・ゲーム内アニメーション用キャラクター制作 ・新規ゲーム用のコンセプトアート

ゲームスクリプター

ゲームスクリプターはユーザーが熱狂するような、「最高のコンテンツ」制作を担う仕事です。 ゲーム開発の現場で、スクリプト言語を用いてイベントを組み立てたり、 キャラクターの動きを指定したり、ゲームを構築する役割をお任せします。

株式会社CygamesのSPECIAL記事

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事