17年12月-18年2月決算、エディアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エディア、18年2月期単独は売上高43%減、4.3億円の営業...

エディア、18年2月期単独は売上高43%減、4.3億円の営業赤字を計上 開発中の新作2タイトルが来期に期ずれ 開発投資など先行投資負担が響く

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
エディア<3935>は、4月12日、2018年2月期の決算(非連結)を発表、売上高7億7100万円(前年同期比43.5%減)、営業損益4億300万円の赤字(前年同期5400万円の黒字)、経常損益4億1100万円の赤字(同3800万円の黒字)、当期純損益5億3500万円の赤字(同3200万円の赤字)となった。
 

新規リリースを予定していたゲームタイトル3本の内2本が来期に延期となり、新規リリースが1本にとどまったことで売上高は当初の見込みに対して大幅に未達となった。そうした減収の影響に加え、収益基盤の強化に向けた積極的な開発および先行投資を行ったことによる費用も増加し、各利益項目は大幅な赤字計上となった。

そうした中で、2018年1月に音楽ゲームアプリ『SHOW BY ROCK!!』をギークスから運営を移管し、ゲームサービスのラインアップを拡充した。また、主に女性ユーザー向けの「音楽レーベル事業」「コンテンツコラボカフェ・グッズ事業」を手掛けるティームエンタテインメントを2018年2月に子会社化している。

なお、2019年2月期通期の予想については、ティームエンタテインメントの子会社化によって連結決算に移行し、連結売上高15億円、営業利益2200万円、経常利益1500万円、当期純利益1200万円の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年12月-18年2月決算エディア

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事