18年1-3月決算、イグニスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イグニス、2Qは売上高12%減、6.6億円の営業赤字を計上 ...

イグニス、2Qは売上高12%減、6.6億円の営業赤字を計上 VRやAI、IoTなどの最先端技術に先行投資 ネイティブゲームは『メガスマッシュ』が不振

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
イグニス<3689>は、5月14日、2018年9月期の第2四半期累計(10~3月)の連結決算を発表、売上高24億7000万円(前年同期比12.7%減)、営業損益6億6600万円の赤字(前年同期1億9500万円の黒字)、経常損益6億7400万円の赤字(同1億8400万円の黒字)、最終損益8億5500万円の赤字(同9100万円の黒字)と大幅赤字転落した。
 

新タイトル『メガスマッシュ(コードネームGK)』が当初想定していた売上高を下回って推移していることに加え、今後のサービスの普及拡大と急成長が見込まれる分野であるVRやAI、IoTなどの最先端技術に積極的に経営資源を投入し、先行投資を行った。また、連結子会社だったmellowが連結要件を満たさなくなったことにより非連結子会社となったことも影響した。

ネイティブゲームについては、『ぼくとドラゴン』は配信開始から3周年を迎える中で引き続き安定的に推移した。今後も機能追加・改善・キャンペーンを実施し、ユーザー満足度の向上と業績の安定化に努めていくとしている。また、2018年3月には新タイトルとして、『メガスマッシュ』の配信を開始した。ただし、『メガスマッシュ』はリリース以降、ユーザー継続率、課金率が伸び悩んでおり、サービス終了も視野に運営体制の見直し、縮小を決定した。

なお、2018年9月期通期の連結業績予想については、営業利益、経常利益、最終利益は不確定要素が多く存在するため、公表していない。また、売上高予想は、従来予想70億円から44億円に下方修正されており、前期比では21.1%の減収となる見通し。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年1-3月決算イグニス

企業情報(株式会社イグニス)

会社名 株式会社イグニス
URL http://1923.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 銭 錕(センコン) / 鈴木 貴明
決算期 9月
直近業績 売上高は20億4700万円、営業利益5億6100万円、経常利益5億4500万円、当期純利益3億900万円(14年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3689

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事