18年4-6月決算、ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報1】ドリコム、『デジモンリアライズ』の開発・運用を担当...

【速報1】ドリコム、『デジモンリアライズ』の開発・運用を担当していると発表 内藤社長「スタートは好調。第2四半期業績からフル寄与」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ドリコム<3793>は、本日(7月31日)開催の決算説明会で、バンダイナムコエンターテインメントから6月25日より配信されている『デジモンリアライズ』を開発を担当していることを明らかにした。アプリは7月18日に200万ダウンロードを突破し、セールスランキングでもTOP30に入るなど好調な出足となっている(関連記事)。

内藤裕紀社長は、第1四半期の決算への寄与は6日ほどとなるため大きくないとしながら、「スタートは好調だ。インストール数だけでなく、セールスもランキングで30~40位と良いのでは」とコメントした。最近、初動だけ良くてその後落ちてしまう新作が目立っているが、その後も好調に推移しているという(足元は大型イベントの告知が出ているため、ある種の買い控えになっているとのこと)。第2四半期の業績からフルに寄与することになる見通し。

 


なお、同社では、アプリマーケットの状況を鑑み、新作タイトルの開発本数を絞りこみ、よりクオリティを重視する姿勢に転じたとのこと。方針転換後の1本目が本作になるわけだが、ユーザーからの評価も良好で、方針転換が一定の成功につながったといえよう。気になる2本目については随時発表するという。リリース前に発表することもあれば、今回のように決算説明資料で公開するとのこと。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( デジモンリアライズ18年4-6月決算ドリコム

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高65億3400万円、営業損益2億0600万円の赤字、経常損益2億1700万円の赤字、最終損益5億3700万円の赤字(2016年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事