18年4-6月決算、SANKYOに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > SANKYO、第1四半期は営業利益13億円と黒字転換…「フィ...

SANKYO、第1四半期は営業利益13億円と黒字転換…「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア」がロングランヒット

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
SANKYO<6417>は、昨日(8月7日)、第1四半期(4-6月)の連結決算を発表し、売上高145億円(前年同期比30.7%増)、営業利益13億円(前年同期は23億円の赤字)、経常利益18億円(同18億円の経常赤字)、最終利益14億円(前年同期は11億円の赤字)となり、大幅増収・黒字転換に成功した。

 


同社では、旧規則で適合した遊技機の新規タイトルをパチンコで1タイトル(リユース機を除く)、パチスロで1タイトルを投入するにとどまったものの、2017年8月に発売したパチンコ「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア」がロングランヒットとなり、追加販売が好調に推移した、と説明している。

2019年3月通期は、売上高900億円(前期比4.4%増)、営業利益120億円(同17.9%増)、経常利益130億円(同14.8%増)、最終利益90億円(同62.1%増)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年4-6月決算SANKYO

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事