Googleに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Google、Google Playにおける改善策の成果を公...

Google、Google Playにおける改善策の成果を公開…ファイルサイズを最大65%減やアクセス数30%増、機械学習を使った不正検知など

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleは、Androidプラットフォームにおいて、アプリを効率的に配布し、ユーザーにアプリを見つけやすくしつつ、そしてエコシステムのセキュリティの改善を図るために行った、Google Playにおける改善策の成果を「Google Developers」ブログで明らかにした。

その中でも特徴的な内容として挙げているのが、ダウンロードサイズの縮小となる。サイズの縮小を可能としたのは、Android アプリバンドルとダイナミック配信機能の恩恵があったそうだ。​その他、Play Console の新しいツールで、クラッシュ率が最大 70% 減少、見つけやすさの改善によって、直近 12 か月での Google Play ストアのアクセス数が30%増加といった成果があったとのこと。

例えば、ゲームのダウンロードの大半はストアのブラウジングのため、新しいゲームのホームページ、人気のゲームや新しいゲーム専用のセクション、迫力のある動画トレーラーやスクリーンショット、即座にゲームを試せる機能など、ゲームを見つけやすくすることに特に重点を置いたそうだ。また、アプリをさらに見つけやすくすることで、ダウンロード数の増加に貢献できる新しいプログラムも導入しているという。

課金プラットフォームでは、機械学習を活用した不正使用の検知や、定期購入者やデベロッパーの操作向上が実現したとのこと。これによって、不正なトランザクションや購入 API は、Google Play のリスク モデリングによって自動的に検知されるため、払い戻しデータの分析精度が向上し、疑わしいアクティビティを特定できるという。



 
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Google

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事